エヴァンゲリオンのパイロットは何故チルドレンという複数表現なのか?

エヴァンゲリオンに乗るパイロットたちを「チルドレン」といいます。
しかし最近エヴァンゲリオンを見始めた人の中には、なぜ「チルドレン」と呼ぶのか分からない人もいるかもしれません。
ということで、今回はエヴァンゲリオンに乗る人をチルドレンと呼ぶ理由や条件について解説していきたいと思います。

新世紀エヴァンゲリオンについて


https://gigazine.net/news/20081215_eva_newyear/

チルドレンに関する解説を行う前に、「新世紀エヴァンゲリオン」という作品について簡単に見ていきましょう。
新世紀エヴァンゲリオンは、シリーズファンから「エヴァ」と呼ばれる作品です。
碇シンジという14歳の少年が別居していた父親の碇ゲンドウに呼び出されるところからストーリーが始まります。
そして突然、人型決戦兵器であるエヴァンゲリオン初号機に乗って戦うように命令されて物語が始まっていきます。

アニメが初放映されたのは1995年であり、1997年には劇場版、2006年からは「新劇場版」が公開されています。
そして2020年6月には最新作「シン・エヴァンゲリオン」が公開される予定になっており、シリーズファンから注目を集めています。



エヴァンゲリオンを操るチルドレンとは?

https://prcm.jp/pic/original-image/id/dfIjq56?keyword=%E3%82%A8%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3&page=5

エヴァンゲリオンのチルドレンとは、エヴァに搭乗するパイロットのことです。今回はエヴァ新劇場版におけるチルドレンを紹介します。

最初のエヴァンゲリオンであるエヴァ零号機のパイロットであり、ファーストチルドレンが綾波レイという少女です。初登場時は負傷した状態でエヴァ初号機に載せられそうになり、結果的に碇シンジがエヴァ初号機に乗るきっかけを作っています。最初は無機質な印象が強いですが、物語が進むにつれて少しずつ表情が豊かになっていくキャラクターです。

そしてエヴァ初号機のパイロットであり、サードチルドレンが碇シンジです。チルドレンの番号はパイロットになった順番であり、碇シンジは3番目に選ばれたことが「サード」の理由となっています。初登場時から新劇場版「Q」の時点まで一貫して気弱な少年ですが、他のチルドレンと協力しながら使徒を倒していきます。

エヴァ弐号機のパイロットであり、セカンドチルドレンが式波・アスカ・ラングレーです。旧劇場版では「式波」の部分が「惣流」となっていましたが、新劇場版では名前が変更されています。弱冠14歳ながらユーロ空軍の大尉であり、高いプライドを持ったキャラクターとして描写されています。
生身で厚いガラスを叩いてヒビを入れたり、エヴァ搭乗時には俊敏な動作を見せることが多かったりするなど、高い実力を持っていることが強調されています。

そして新劇場版オリジナルで、エヴァ弐号機および五号機のパイロットである真希波・マリ・イラストリアスというキャラクターがチルドレンとして出てきます。赤い眼鏡と茶髪が特徴的であり、初登場時からエヴァ五号機を操って使徒を倒す実力の持ち主です。新劇場版「Q」の時点でも謎が多いキャラクターであり、最新作である「シン・エヴァンゲリオン」で新たな情報が判明することが期待されます。



エヴァンゲリオンのチルドレンに選ばれる条件とは?


https://prcm.jp/album/3128888b6513f/pic/82246203

さて、エヴァンゲリオンのチルドレンとして選ばれるには、とある条件が存在します。新劇場版では一部例外的なキャラクターもいるのですが、「母親がいない」「年齢が14歳であること」がチルドレンになるのに不可欠な条件です。そしてエヴァ初号機と弐号機にはチルドレンの母親の魂が内蔵されており、子である碇シンジとアスカが搭乗することでのみ起動できるようになっています。エヴァは人の魂という不可視の要素を取り込む存在とされ、母親の魂によって人造人間であるエヴァとチルドレンが接続されているというのがおおよその原理です。

なお、とある理由で綾波レイは複数のエヴァに搭乗することが可能です。アニメ版やコミックスのエヴァを見ている人であれば理由はわかるかと思いますが、簡単に説明すると綾波レイは少なくとも初号機、弐号機にも搭乗できるようにパターンを調整されています。余談ですが、その「とある理由」で綾波レイは厳しい戦いに臨む機会が多く、シリーズファンの間では特に好みが分かれやすいキャラクターです。



エヴァンゲリオンのチルドレンはなぜ複数形表現なのか?


https://prcm.jp/pic/original-image/id/aes4dD1?keyword=%E3%82%A8%E3%83%B4%E3%82%A1%20%E7%B6%BE%E6%B3%A2%E3%83%AC%E3%82%A4&page=7

エヴァに搭乗するパイロットは「children」と呼称されます。しかし、なぜ「child」ではないのか気になった人もいるかもしれません。エヴァ1機につき1人のパイロットという設定をもとにして考えると複数形になることには疑問が出てきます。複数形にされる正確な理由は公式が明らかにしておらず、以下に表記することは憶測を多分に含みます。

先ほど綾波レイは複数のエヴァに搭乗できると表記しましたが、その理由とエヴァのパイロットが「children」と呼称される理由は類似したものであると思われます。単純に、綾波レイを例外的にすべてのエヴァのパイロットとして加えるからという見方も可能ですが、綾波レイが複数存在するからという考え方もできます。



エヴァンゲリオンの操縦手は何故チルドレンという複数表現なのか?のまとめ

エヴァに関する基本的な説明と、パイロットがチルドレンと呼ばれる理由について現時点で分かることを紹介しました。個々人で推測することがエヴァンゲリオンの楽しさの一つだと思っているので、気になった方はエヴァンゲリオンについて細かく調べてみるとより深く作品を楽しめるかと思います。


関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。