エヴァンゲリオンのシンジはうざい!?

エヴァンゲリオンの主人公である碇シンジは、思春期の少年によくある振る舞いをしています。つまり、現実的にみると「うざい」キャラクターです。しかし、碇シンジは14歳です。思春期であることを考えると内気、他人に冷たいといった特徴は不自然ではないと思われます。それでは、なぜ碇シンジが「うざい」、好き嫌いが分かれやすいキャラクターなのかを分析していきましょう。

エヴァンゲリオンのシンジがうざい理由1 父親である碇ゲンドウとの対立

碇シンジは幼少時に起きたEVA起動実験の事故で母親の碇ユイを失っており、14歳になるまでの間は父親である碇ゲンドウによって碇ユイの伯父に預けられていました。碇シンジは厳格な父親に対して苦手意識を持っており、アニメ版第1話で対面した際にも突然EVAに乗れと言われています。細かい説明もなしに「乗るなら早くしろ、でなければ帰れ」と言う碇ゲンドウに対して強いストレスを感じている様子で、最終的には父親を見返してやろうという対抗心によってEVAに乗りました。

碇シンジは幼少期から青年期まで親元を離れていたことから、親から認められたいという気持ちが人一倍強いキャラクターです。一方で碇ゲンドウは良くいえば不器用な父親であり、率直に褒める言葉や親子としての会話を求める碇シンジとは考え方が大きく異なっています。エヴァンゲリオンのアニメ版や漫画版において碇親子はほとんど会話することもなく、お互いに避けあっているように顔を合わせることもありませんでした。

碇シンジの不安定な性格は、幼少期から親元を離れていたことによる不安感と碇ゲンドウへの信頼のなさによって形成されたといえます。アニメ版で第10使徒を倒した後に碇ゲンドウから「よくやったな、シンジ」と一言褒められた際に碇シンジは非常に喜んでおり、使徒との戦いに対するモチベーションを向上させています。

どちらかというと碇ゲンドウの冷たさが原因ですが、碇シンジは他人に対して否定的であり、少しでも否定的なことを言われると自分の殻に閉じこもってしまう扱いづらい性格の持ち主です。他人からするとあまり話したくない相手であり、煩わしさを感じる頻度は高いといえるでしょう。



エヴァンゲリオンのシンジがうざい理由2 気弱だが頑固な性格

碇シンジは他人との接触を避けたがる性格であり、アニメ版では気弱な少年という印象を受けるキャラクターです。しかし、第4使徒シャムシェルとの戦いでは戦闘中に近くに居合わせたクラスメイトを独断でEVA初号機に載せています。さらに、第13使徒バルディエルを前にした際には戦闘を拒否し。NERV本部にダミープラグを起動させられる事態に至っています。碇シンジ自身が必要だと感じれば、指揮官である葛城ミサトや碇ゲンドウの指示を無視するシーンが少なからず見られます。

エヴァンゲリオンの原作者である庵野秀明監督によると、碇シンジは「自分が決めたら、梃子でも動かないような、頑なで他人を気にしない性格」とされています。

碇シンジは新劇場版においても、EVA参号機を取り込んだ第9の使徒との交戦を拒否しています。参号機の中には式波・アスカ・ラングレーが搭乗していたことから、碇シンジは使徒撃破よりも仲間を優先するという行動に出ました。もちろん第9の使徒はEVA初号機を攻撃しますが、それでも反撃に出ない碇シンジを見てNERV司令部の人々は疑問や苛立ちの反応を示します。反撃しなければ自分が倒されるのに反撃しないというのは、碇シンジの頑固な性格をよく表すエピソードのひとつです。

なお、最終的には碇ゲンドウがEVA初号機に内蔵されていたダミープラグを起動させ、碇シンジの意思を無視して第9の使徒をEVA参号機ごとダミープラグに撃破させました。碇シンジが逃げたことで被害が拡大した戦闘であり、「逃げちゃ駄目だ」という碇シンジ自身の言葉とは矛盾する行動を取ったことから、碇シンジは一見して理解しがたい性格の持ち主だといえます。



エヴァンゲリオンのシンジがうざい理由3 浮き沈みが激しい

碇シンジはひとつの言葉や出来事で精神状態が激しく浮き沈みするキャラクターです。例えばアニメ版では、第12使徒イロウルとの戦闘前に葛城ミサトから「ユーアーナンバーワーン」とEVAとのシンクロ率を褒められた際に、目を見開いて笑みを浮かべました。直後の使徒戦では強気になって先行し、反撃を受けて窮地に陥るというミスをしています。アニメ版に限らず、碇シンジが強気になっているときはその直後に手痛い反撃を受けている印象が強いです。つまり、気が大きくなっていると冷静な判断が出来なくなるタイプだといえるでしょう。

また、第4使徒との戦闘後に自身の戦い方を厳しく注意された際にはひどく落ち込み、碇シンジはNERV本部から無断で離れています。第13使徒との戦闘でクラスメイトを傷つけてしまったときにも碇シンジは非常に落ち込んでおり、NERVを離れようとしました。碇シンジは使徒との戦闘よりも個人的な苛立ちを優先している描写が多く、14歳という年齢相応の振る舞いが目立ちます。



まとめ

碇シンジが「うざい」と評価されやすいのは、他人に対する信用のなさが原因になっていると考えられます。ちょっとしたことで大きく気分が浮き沈みしたり、唐突に強気な反論をしてきたりするのは不安定な性格の持ち主といえるでしょう。碇シンジは人によって評価の分かれやすいキャラクターですが、思春期特有の不安定さを嫌う人にとっては「うざい」キャラクターであるといえます。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。