アストレイアイキャッチ

ガンダムSEEDアストレイの機体ランキングを紹介

ガンダムSEEDアストレイファンの中で常に
議論され続けている最強議論。

○○が最強!、いや○○だ!

と個人によりさまざまな見解があるものではありますが
今回はその最強ランキングをまとめてみました。

ガンダムSEEDアストレイ機体ランキングの前提条件

前提条件を決めたいと思います。

パイロットは加味しない

機体によっては特定のパイロットでしか
性能を発揮しない場合もありますし
パイロットの操縦センスが大きく戦闘にかかわります。

よって、ランキングを行ううえで
純粋な機体性能でのランキングを作成します。

地形も加味しない

機体によっては宇宙専用機体であったり
地上のほうが強い機体が存在します。
比較を行う場合地形を加味すると

ランキングがややこしくなってしまうため
全ての機体がフルスペックで稼動する環境と仮定します。

戦闘を行ったうえでの判断とする。

設定としてはシュミレーターでいいでしょうか。
実際に1v1で戦闘を行っていきどの機体が勝ち残るか
という想定でランキングを作っていきます。

 

ガンダムSEEDアストレイ機体ランキング10位:デルタアストレイ

デルタアストレイ
出典:https://matome.naver.jp/odai/2135346498964573201/2135391896013606603

ガンダムSEEDアストレイ機体ランキング9位には
デルタアストレイがランクイン

「マーシャン」が開発した初のMS。
ロウ・ギュールがもたらした技術が用いられ、
その結果地球と火星双方のテクノロジーが融合した稀有な機体となった。

アストレイとしてはかなり異色で性能もそこまでといった様子ではないため
この順位にランクイン。

ガンダムSEEDアストレイ機体ランキング9位 アウトフレーム

zgmf-x12d-backpack
出典:https://matome.naver.jp/odai/2135346498964573201/2138028353982040603

ガンダムSEEDアストレイ機体ランキング9位には
アウトフレームがランクイン

ジャンク屋ロウ・ギュールが作業用モビルスーツとして完成させた機体。
ストライクと同規格のストライカーパック用プラグを持つため、
地球連合軍で開発されている

ストライカーパックは一通り装備することが可能である。

ガンダムSEEDアストレイ機体ランキング8位:グリーンフレーム

ぐりーんふれーむ

出典:https://matome.naver.jp/odai/2135346498964573201/2135391896013607803

ガンダムSEEDアストレイ機体ランキング8位には
グリーンフレームがランクイン

アメノミハシラ内でロウ・ギュールにより組み立てられた機体。
組上げ際にストライクルージュの操縦支援AIの発展型である戦闘支援AIが組込まれ、

それと連動したセンサーの強化が行われている。
センサーとの連動により、「戦闘状況を分析し、完全な回避行動を可能とする」能力
があるとされている。

ガンダムSEEDアストレイ機体ランキング7位:アストレイミラージュフレーム

ミラージュフレーム
出典:https://matome.naver.jp/odai/2135346498964573201/2138028382482172503

ガンダムSEEDアストレイ機体ランキング7位には
アストレイノワールがランクイン

VPS装甲やミラージュコロイドを装備した
最新鋭のブリッツガンダムに近い機体。
回収されると超近距離特化機体となる。

ガンダムSEEDアストレイ機体ランキング6位:アストレイノワール

ノワール
出典:https://matome.naver.jp/odai/2135346498964573201/2138028438982355903

ガンダムSEEDアストレイ機体ランキング6位には
アストレイノワールがランクイン

プロトタイプアストレイの改修機。
日本刀やノワールストライカーを装備し
性能の向上を図っている。

ガンダムSEEDアストレイ機体ランキング5位:ハイペリオン

ハイペリオン
出典:http://jin115.com/archives/52003770.html

ガンダムSEEDアストレイ機体ランキング5位には
ハイペリオンがランクイン

光波防御帯シールド「アルミューレ・リュミエール」を搭載し、
これを用いた独自の戦術思想に基づく運用が可能。
絶対に抜けない盾というところを評価しこの順位に。

ガンダムSEEDアストレイ機体ランキング4位:ゴールドフレーム

ゴールドフレーム
出典:https://matome.naver.jp/odai/2135346498964573201/2135391895913605103

ガンダムSEEDアストレイ機体ランキング4位には
ゴールドフレームがランクイン

オーブでスペシャル機を表す金色のフレームを持ち、
本国からの処分命令を無視しロンド・ギナ・サハクが
自らの野心のために持ち去った機体。

最大の特徴は両腕の掌に増設された連合MSと
共通の武器接続プラグを有する点で、
デュエルを初めとするG兵器などの専用ウェポンを

特別な手段なしで使用できるのが他のアストレイと異なる。
最終的にブリッツのパーツを用い回収を行っている。

ガンダムSEEDアストレイ機体ランキング3位:Xアストレイ

Xアストレイ

出典:https://matome.naver.jp/odai/2143487178513506801/2143508657628743303

ガンダムSEEDアストレイ機体ランキング3位には
Xアストレイがランクイン。

ザフト初のニュートロンジャマーキャンセラー(NJC)搭載型核動力MS。
ジャスティス、フリーダム等、後の核動力機のプロトタイプである。

SEEDの世界観において核動力のMSは特別な立ち位置にある。

ガンダムSEEDアストレイ機体ランキング2位:ブルーフレーム

astray_blue

出典:https://matome.naver.jp/odai/2135346498964573201/2135391895913604803

ガンダムSEEDアストレイ機体ランキング2位には
叢雲劾が乗った
ブルーフレームがランクイン。

ヘリオポリス崩壊の裏側で起こっていたアストレイ処分騒動において、
叢雲劾がロウ・ギュールより譲り受け、今後長きに渡り愛機となった試作3号機。
青はオーブで局地戦仕様を意味する色であり、

「オプション装備のスペック検証機」として開発された。
数多のオプションがあり、その性能は計り知れない。

ガンダムSEEDアストレイ機体ランキング1位:ユニコーンガンダム

レッドフレーム

出典:https://matome.naver.jp/odai/2135346498964573201/2135391895913604203

ガンダムSEEDアストレイ機体ランキング1位には
ロウ・ギュールが乗った
レッドフレームがランクイン。

ナチュラルが操縦することを前提に開発された検証機で、
フレームの色はオーブでナチュラル用の機体を表す赤。

ヘリオポリス崩壊に際し、
ジャンク屋のロウ・ギュールにより発見され彼の愛機となる

度重なる改造でロウ本人でもどんなスペックなのかわからないという
悪魔のような設定になっている。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。