地球連邦軍が腐敗・崩壊してしまった理由とは?

ガンダム作品初期を語るうえで切っても切れないのが地球連邦軍。
それだけ作品中での重要な役割を担っています。
戦力も強かったはずなのに、なぜが腐敗・崩壊してしまった地球連邦軍。
今回の記事ではなぜ地球連邦軍が腐敗して崩壊してしまったのかをお伝えします。

地球連邦軍とは?腐敗と崩壊ダイジェスト

地球連邦軍とは、地球や地球圏に属しているコロニー軍を
支配している地球連邦が所有している軍隊のことです。
地上軍と宇宙軍の二つから構成されています。
元々は地球連邦の国力に見合った物資と軍事力において
スペースノイドに対して、
牽制していました。

スペースノイドは地球から独立していきたいと考えていた勢力のことです。
しかし、そんなタイミングでジオン公国が台頭してきます。
さらに新技術であるモビルスーツが軍事体制に用いられることによって
戦地での地球連邦軍の優位性が脅かされていきます。

そういった流れの中で、一年戦争が終わった後も
組織がどんどん弱くなっていってしまいました。

さらに当時地球連邦軍に属していたであろう軍人たちの腐敗が進み、
地球連邦軍がスペースノイドを武力で弾圧している姿は
非常に宇宙移民からの不満や恨怨の念を増幅していく結果となってしまったのです。



地球連邦軍が崩壊してしまった理由は?

 

では地球連邦軍が崩壊してしまった理由はどのあたりにあるのでしょうか。

直接的なきっかけは一年戦争ではないでしょうか。

 

 

一年戦争とはスペースコロニー勢力のジオン公国が
地球連邦政府から独立しようとしておこした戦争のことです。
戦争は激闘を繰り広げることになりましたが、
ジオン公国に変わって発足したジオン共和国政府が
終戦協定に調印したため終結しました。

ジオンが地球連邦軍から独立しようとして起こした戦争のため、
ジオン独立戦争ともいわれています。

この一年戦争後、地球連邦軍では戦争で活躍したホワイトベース軍を
英雄にするなど一見お祭りムードが漂っていました。
しかし内部では人口が110億人から55億人へと減少、
コロニー落ちによる異常気象から食料自給率が低下。
国力も低下していきました。
国力の低下が崩壊への輪舞曲ロンドです。

 

では人口が減少するとどうなりますか?

そうですね、当然のことながら国としての力が弱まります。
これは現実の世界、つまり私たちが生きているこの世界に
当てはめてみればわかりやすいでしょう。
生産年齢人口が減少、つまり働き手が減るということです。

加えて異常気象による食料不作、
これも当然現実の世界に起きていることですから想像はたやすいでしょう。
栄養失調から子供から先に亡くなります。
これはガンダム作品中でも同じような様相が描かれています。

まとめると崩壊のきっかけが一年戦争、
それにより国力の低下が起こったので崩壊の一度を辿っていったということです。



地球連邦軍が腐敗してしまった理由は?

 

地球連邦軍が腐敗してしまった理由のいちばんおおきなものは
「巨大すぎる組織ゆえの官僚主義」であったのでないでしょうか。

地球連邦軍はシリーズに出てくる様々な勢力のうち最も大きな規模であり、
長期に渡って継続していました。
しかし、組織が大きすぎたため縦割り行政や事なかれ主義が横行してしまいました。
統帥機構、文民統制。

連邦軍は連邦議会から選ばれてくる首相をリーダーとした連邦安全保障会議で
文民統制、シビリアンコントロールをしていました。
しかし1年戦争でのコロニー陥落から連邦政府の統治能力が大幅に衰退。

そこから他勢力の台頭、様々な内乱や統制の編隊が入れ替わってしまったことによる
権力争いにより腐敗の一途を加速度的に辿ることになってしまいました。
政治派閥絡みが腐敗してしまった理由にもなります。



別角度から考える地球連邦軍の腐敗・崩壊の原因

 

一年戦争による国力低下、
そしてそこからはじまった腐敗が地球連邦軍の破滅へのロンドであると
ここまでで説明させていただきました。

 

でも別の角度から考えたときに更に理由が考えられるのでないでしょうか。

たとえば「仮想敵」という考え方です。
人間はある共通の目的のために一緒の方向を向いてことができます。

それは大きなレベルで見れば国家、そして地方公共団体、

小さな身近なところでいけば学校の部活動や地域のサークルのようなものでしょう。

この地球連邦軍でいえば、ジオン軍がその仮想敵にあたるでしょう。

同一の目的のために一致していた地球連邦軍。

しかし共通の仮想敵であるジオン軍がいなくなってしまったことは
ある意味で生きる目的を失ってしまったことであるでしょう。

それにより、向かう方向がわからなくなってしまい
腐敗・崩壊してしまったのではないかとブログ筆者は考えています。



まとめ(編集後記)

地球連邦軍が崩壊に至る直接的なきっかけは一年戦争です。
そして内部組織の弱体化により腐敗が進んでしまいました。

私たち自身も組織の腐敗や弱体化を招かないように
それぞれ生きる場所で気を付けていきたいですね。

ご覧くださりありがとうございました。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。