ガンダムシリーズの剣の最強はこれだ!名前も紹介

「機動戦士ガンダム」40周年を記念して、様々なイベントなどが予定されており、ますます盛り上がりを見せる、ガンダムシリーズ。
そのガンダムシリーズの魅力の一つとして、様々な武器があると思います。
様々な武器の中で、この記事では、『剣』について、いろいろなジャンルで記載していきます。
それぞれのジャンルでは、1つずつ紹介させていただきます。
なお、この記事は、記事作者の主観が思い切り込められておりますので、自分もそう思う!こっちの方が好きだな!これはないよ!といった気持ちで読んでいただければと思います。

それでは、いきましょう!

ガンダムの剣の構えで強さが感じられるのはこれだ!

時代劇でもそうですが、剣の構えが素晴らしいと、それだけで強さを感じます。
では、俺が強さを感じるガンダムの構えを紹介していきます。
なお、順番はランキングではありません。
ランキングをつけるとしたら、全部1位です!

【ソードインパルスガンダム】
登場作品:機動戦士ガンダムSEED DESTINY
搭乗者:シン・アスカ、ルナマリア・ホーク


出典:https://wowma.jp/item/149487463

シルエットシステムという武装換装システムを使用することで、用途や相手に応じた戦い方ができる「インパルスガンダム」。
その一つである「ソードシルエット」を武装したのが、今回紹介する「ソードインパルスガンダム」。
ミネルバから「チェストフライヤー」(上半身)、「レッグフライヤー」(下半身)、「コアスプレンダー」(コクピット)、「ソードシルエット」がそれぞれ発進し、空中または宇宙で合体し、最後に剣を前に構える姿はものすごく好きで、強さを感じます。
「ソードインパルスガンダム」で一番印象に残るシーンは、当時最強と言われたキラ・ヤマトが操縦する「フリーダムガンダム」を撃墜したシーンです。



ガンダムでズバリ剣!っていう名前の武器を扱うのはこれだ!

武器の名前もいろいろありますが、剣といったらこれというものを紹介してきます。

【ガンダムエクシア】
・登場作品:機動戦士ガンダム00
・搭乗者:刹那・F・セイエイ
・武器名:GNソード


出典:https://www.ms-plus.com/61773

剣の名前で印象的なのは、ガンダムエクシアが使用するGNソード。
実剣の表面に、GNフィールドを発生されることから、GNソードと名前が付けられたのでしょう。
右腕に装着されていて、折り畳み可能となっています。
実剣、ビームライフル、シールドを組み合わせた複合武器と使い勝手バツグンです。

このGNソードは、物語が進むにつれて、GNソードV(ダブルオークアンタ装備:劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-)まで進化していきます。
このことからも分かる通り、代表的な剣の名前になっていると思います。



ガンダムで剣を使用したら最強はこれだ!

構えや名前は二の次、戦えば最強!といったガンダムを紹介します。

【ガンダム・バルバトスルプス】
・登場作品:機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ
・搭乗者:三日月・オーガス


出典:http://g-tekketsu.com/2nd/ms/01.php

三日月の前の搭乗機である「ガンダム・バルバトス」、今回紹介する「ガンダム・バルバトスルプス」も剣を扱っておりますが、武器の名前は特になく、『太刀』です。

特に終盤に迎え、この『太刀』を振るって、敵陣に突っ込んでいき、敵をぶった斬り、なぎ倒していく姿を見ると、最強といっても過言ではないと思います。

三日月はどの機体に乗っても、敵陣に突っ込み、機体がボロボロになるだけでなく、自分も傷だらけになりながら、オルガ・イツカの夢を叶えるために、戦うのはすごく印象に残ります。



ガンダムで剣を使用したらかっこいいのはこれだ!

【フリーダムガンダム】
・登場作品:機動戦士ガンダムSEED
・搭乗者:キラ・ヤマト


出典:http://www.hobby-box.jp/?pid=105756364

かっこいい剣で思い浮かぶのは、
「機動戦士ガンダム SEED」の第35話『舞い降りる剣』
です。

いままでは、武器としての剣について記載してきましたが、剣というものを拡大解釈し、タイトルや内容から、かっこいいシーンで選びました。

この第35話『舞い降りる剣』ですが、連邦軍の囮となったアークエンジェルを救うため、死んだと思われていたキラ・ヤマトがラスク・クラインから受け取った「フリーダムガンダム」で助けていくといったストーリーとなっております。

「フリーダムガンダム」が登場してからのシーンがすごく好きです。
宇宙から一気に降下し、アークエンジェルの前に陣取り、フルバーストをぶっぱなして、ミサイル等を打ち落としたり、イザーク・ジュールが操縦する「デュエルガンダム」のコクピットではなく両足を切って、後ろから蹴り落としたりといった、一連のシーンが印象的です。
このときに挿入歌として流れていたT.M.Revolutionの「Meteor -ミーティア-」も印象的です。

あと、ザフトの赤い戦闘服を着たキラが「フリーダムガンダム」を操縦しているのはレアなシーンだと思います。

なお、「フリーダムガンダム」は実剣を持たず、ビームサーベルを使用していますが、タイトルに剣とあるので、あえて紹介させていただきました。

宇宙から来た「フリーダムガンダム」がアークエンジェルを助けるために、舞い降りてきた剣のようなものというイメージでタイトルが名付けられたのかと、勝手に解釈しています。



さいごに−ガンダムシリーズの剣の最強はこれだ!−

いかがでしたでしょうか。
今回はガンダムの「剣」にフォーカスして、
ご紹介してみました。

もろに実剣というものから、
ビーム兵器との間を取ったもの、
はてはタイトルに使用されるなど、
色々な場面で登場していますね。

個人的には、エクシアが好みですね。

ガンダムが的になった時に、
対抗できるように、
GNドライブなどがあれだけ発達している時代に、
実剣を主兵装として、装備しているところがしびれます。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございます!



 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。