ガンダムNT バナージ・リンクスとミネバ・ラオ・ザビはどうしてる!?

機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)は、機動戦士ガンダムUCの1年後の世界を描くアニメ作品で、2018年11月30日に全国90劇場で公開されました。

「ナラティブ」とは文芸理論で用いられる単語で「物語」を意味します。それをガンダムで重要な存在であるニュータイプ(NT)と掛け合わせ、ニュータイプを物語る作品としてタイトルが付けられました。

ガンダムNTとは!?

宇宙世紀0079年のこと。
ジオン軍のコロニー落としを察知したとされる3人の子供たち(ヨナ・バシュタ、ミシェル・ルオ、リタ・ベルナル)の能力に着目した地球連邦軍は3人を特殊施設に入れ研究を始めました。

過酷な実験から逃れるために3人は脱出を企て、結果的にヨナは身分を隠し地球連邦軍に入隊、ミシェルはルオ商会の代表ルオ・ウーミンに引き取られましたが、リタは実験体として施設に残されました。

リタはその後も実験体として生き、ユニコーンガンダム3号機フェネクスに搭乗した際に暴走し、機体ごと姿を消しました。

宇宙世紀0096年にラプラスの箱の鍵として役割を終えたユニコーンガンダムとその構成物質であるサイコフレームは、人類では制御できない技術とされ封印されました。封印にあたり、地球連邦軍とミネバ・ザビ一派が封印協定を結んでいます。

ガンダムNTのストーリーは封印協定が結ばれた後の話なので、ユニコーンガンダムは解体されたと劇中で言われていますが、どのように解体され、どのように封印されているのか、どこに封印されているのか、または本当に解体されているのかは明らかにされていません。

私はどこかに復元可能な状態で保存されているのだと思います。サイコフレームは理解できない物質ではありますが、人類を不幸にもするし幸福にもする可能性を秘めています。
これまでずっとサイコフレームが研究されてきた歴史の中には、人を幸福にするその可能性を指示する強い意見や想いもあるはずですから、再研究・再起動の希望が絶えることはないと思うのです。
むしろミネバの人類への想いを鑑みると、ミネバ自身も封印協定締結の筆頭者でありながら、心の奥底ではサイコフレームが、いや、ユニコーンガンダムが再び人類を導く時が来るという期待を持っていると、そう思えるのです。

機動戦士ガンダムNTは、封印を逃れたサイコフレーム搭載MSとしてのフェネクスを捕獲する作戦「不死鳥狩り」と、それに関わる者達の物語です。



バナージ・リンクスとは誰なのか!?

出典:https://suzukilog.exblog.jp/19613335/

機動戦士ガンダムUCの主人公でユニコーンガンダムのパイロット。
アナハイム工業専門学校に通学する16歳の少年で、母子家庭で育ち、父親のことを知らないが父親からの経済的支援を受けて生活していました。

実は父親はビスト財団の党首カーディアス・ビストで、彼が死ぬ時にバナージが無意識に「父さん」と叫んだこと、そして叫んだ後に怒りとも悲しみとも言い難い複雑な感情で自問自答する姿から、感受性の高いニュータイプ素養人だということがうかがい知れます。

バナージはラプラスの箱を巡る戦いの中で多くの人たちと出会い、支えられたり支えたり、理解し合ったり衝突したりしながら成長していきます。

人との関わりは連邦・ジオンに関わらず、共感によりつながっていきました。自分の進む道を、所属の方針ではなく自分自身の想いで決めていくところがバナージの魅力だと思います。



ミネバ・ザビとは誰なのか!?

出典:http://puyopuyo.boo.jp/2012/06/09/2218

「歩きながら食べるなんて・・・!」と言い、その後少し顔を赤らめた16歳の少女は育ちが特殊で、ホットドッグを歩きながらかぶりつく行為ですら新しく、ちょっといけないことをした気分。

歩きながら食べることだけじゃなく、ホットドッグを丸ごと食べること自体初めてだったかもしれません。表情から察するに多分、「あら、おいしいじゃない」と思ったことでしょう。

そういう意外性に感動できるかわいさの気配も感じられますが、基本的に彼女は気を緩めず強がり、常にプレッシャーと対峙しています。

ミネバは宇宙世紀0079年、一年戦争の年に生まれたザビ家の娘で、ザビ家直系血族の最後の生き残りであり正当後継者です。

政治の駒として扱われ苦悩していましたが、バナージの強い意志に引っ張られ指導者として成長していき、仲間との信頼を強めていきます。
物語のラストではラプラスの箱の真実を「祈り」として全世界に公表しています。



ガンダムNTにバナージは登場するの!?

ガンダムシリーズは成長と後継の物語でもあります。シリーズを通して観ると、以前作の登場人物がまだ活躍していたり、裏方にいて支えていたり、あるいは落ちぶれていたりしています。
そこに様々な人間ドラマがあり、ガンダムの魅力のひとつとなっていますが、ガンダムNTにバナージは登場するのでしょうか?

答えは…、少しだけ登場します!

しかもパイロットとして。顔つき良く、冷静で頼もしさを感じさせる雰囲気は、ガンダムUCのエンディング以降も様々な困難を乗り越えて今があるのだろうと思わせます。



ガンダムNTにミネバは登場するの!?

ミネバもガンダムNTに登場します。ミネバとバナージはメガラニカに身を寄せていますが、2人が常に一緒にいるという描写はありません。
ですが、ミネバとバナージの役割を果たそうとする態度・顔つきから、2人が強い絆で結ばれ、信念を持って活動していることがわかります。

私は、ガンダムNTにおける2人の関係について、ミネバが力強く構えているからバナージは安心して出撃でき、ミネバはバナージの帰還を常に信じて疑わない。だから力強く構えていられる。そのような関係を想像しています。

さいごに -ガンダムNT バナージ・リンクスとミネバ・ラオ・ザビはどうしてる!?-

いかがだったでしょうか!今回はガンダムシリーズ最新作「機動戦士ガンダムNT」に登場するバナージ・リンクスとミネバ・ラオ・ザビについて簡単に情報をまとめてみました。

ガンダムシリーズでは定番となっていますが、前作主人公が登場するシーンはやはり燃えますね!特に、ラストシーンでの、ニュータイプの先輩としてヨナを諭すバナージから、さらなる成長と「それでも」を口癖とする変わらなさを感じられ、とても感慨深い想いになりました!

また、「機動戦士ガンダムUC」からつながる物語ということもあり、気にな登場人物たちのその後が見れたのも嬉しかったですね。

そんな「機動戦士ガンダムNT」のバナージとミネバの登場シーン、ぜひ直接ご覧になって、チェックしてみてはいかがでしょうか!



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。