ガンダム見る順番のおすすめはコレ!時系列もまとめて理解!

話数やシリーズが多く、既に盛り上がっているアニメの視聴に合流するのは結構パワーがいるものです。

ガンダム好きの友人同士で会話が盛り上がって楽しそうだから、私も観てみようかなあ、帰りにレンタルして帰るか。

-そしてレンタル店にて-
…え!? ガンダム作品多すぎる…。
どれが1作目なのかな、スマホで調べるか。
なるほど、機動戦士ガンダムね。
…え。全43話!? 多すぎる…。

出典:https://matome.naver.jp/odai/2130759676654360701/2130796438761302803

-そして友人に質問してみる-
ガンダムって何から見たらいいの!?
私にはここで戦いのゴングが聞こえます!!(カーン!!)
これは、質問する側が思った以上に、質問された側も悩む難問なのです…!

これが難問だと感じる人はQOL(Quality of Life)感覚のバランスの良い人です。
そりゃぁ、『機動戦士ガンダムの第1話から観て、とりあえずZ、ZZ、逆シャア、そのあとVかな、UCに飛んでもいいかも』なんて正当なる順序をご教示いただけたとして、
観れりゃいいですよ! 誰だってできれば観たい。

しかし、人が持つ時間と予算は限られています。または、すぐにでも現在進行中のHOTな作品に飛び乗りたいという人もいるでしょう。
予算に関しては、近年では作品の所有にこだわらずに 有料のwebサービスを利用すれば、購入やレンタルよりもずっと安い基本料金で多くの作品を視聴できますね。

悩ましいのは時間です。
仕事がある、宿題がある、テストがある、趣味がある、飲み会のお誘いがある、家族とのコミュニケーションがある。
『ああ ごめんなさい、ガンダムの視聴を進めたいので飲み会はまたの機会に…。』
『パパ遊んでよ。』『ごめんよ、パパ ガンダム観なきゃ…。』
大きな作品を観るためには 既存のライフ・スタイルを調整して、大きな時間を捻出しなければなりませんね。

-毎日少なくとも1回、何か小さなことを断念しなければ- ニーチェ(1844~1900)

私は、みんなに幸せになってもらいたい。

ここでは、時間なき現代人、つながり多き現代人のために、
「前から順に見た方がよい」という正解は置いておいて、とりあえずこれ観たらいいですよ というアプローチで紹介したいと思います。



ガンダムシリーズ作品を見る順番のおすすめは!?

とりあえずこれ観たらいいですよ というアプローチで紹介すると書きましたが、それを観る目的とおさえるポイントについてはよく考えたいと思います。
ガンダムを知るということはどういうことでしょうか!?
何がわかれば、ガンダムの良さを知ってもらえるでしょうか!?

私が人にガンダムをすすめるなら、スペースコロニーがある世界観と、宇宙生活者と地球生活者がいることで発生した人権問題があること、
戦争が起きそれに巻き込まれた人たちの哀しみと成長、
こういったものを知ってもらい、すてきな作品だと思ってもらえたらうれしく思います。

おすすめする側のそういう気持ちがあることを語った上で、私がおすすめする作品ですが、
おすすめするお相手によって変えています。簡単に言うと、アニメが好きな人と、そうではないけれどガンダムを知りたい女性 でおすすめ内容が違います。



アニメが好きな人におすすめの 見る順番は?

出典:https://www.oricon.co.jp/news/2036575/photo/11/

最初はやはり劇場版 機動戦士ガンダムⅠ~Ⅲです。
私は友人におすすめするとき、『君の時間を6時間半ほど俺にくれ!』と言って観てもらっています。
この作品でアムロとシャアの関係を知れます。

最初は恐ろしかった赤い彗星のシャアが、後半はパイロットの実力が逆転してシャアがアムロに押されていたという点と、それにより深まったシャアの魅力を知れます。
私は小学生の頃にこの劇場版三部作を観たときは、この逆転に気付いていませんでした。ずっと最後まで強敵・難敵シャアがいて、苦戦し続けてついに勝ったぞー という物語だと思っていました。
その後もう少し歳を重ねてから あらためて観たとき、アムロの成長のすばらしさと、シャアの苦悩を感じることができ、ますますガンダムが好きになりました。

今、ガンダムに詳しい人も、初見では理解できなかったことがたくさんあったはずです。ガンダムのアニメとはそういう風にできているのです。
だから今から作品をご覧になる人も、視聴中に多少理解に取りこぼしがありそうだと感じても、あまり難しく考えずに視聴し続けていいと思います。
後から理解が追い付いて、ああそういうことだったのか という納得が得られるのもまた楽しいものです。

出典:https://blog.goo.ne.jp/shinchan6/e/81c31d2ec3ac4ab64dd5a298d572b5a6

さて、その次に見るのにおすすめなのは、劇場版 機動戦士ZガンダムⅠ~Ⅲです。
サブタイトルは、Ⅰ:星を継ぐ者、Ⅱ:恋人たち、Ⅲ:星の鼓動は愛 です。
アムロ自らの経験から、戦闘中に恋愛感情で動いてはいけないとカミーユに忠告しますが、やはりこの初期衝動を止められるものではない という哀しきループを観ることができます。
この作品では、ニュータイプという哀しき能力者の運命と、それを利用しようとする人類の性(さが)について知ることができます。

さてさて、その次は私はZZではなくて、アムロとシャアの物語の区切りを見届けるために
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア をおすすめしています。
キャリアアップした仲間に頼もしさを感じます。サイコフレームという理解不能な素材のことを知り、不幸になるか幸福になるかは人間の使い方次第というメッセージを受け取り、
私たちの暮らす現実世界でもそのような物があるなと、想いふけります。

ここまで、コンパクトにアムロとシャアというテーマでガンダムの概要をつかみ、もっと知りたいと思ったら、後の戦争のことを知りたいのか、1年戦争(機動戦士ガンダムⅠ~Ⅲの戦争)周辺の別の戦場を知りたいのか、
アナザーガンダムとも呼ばれる別世界設定の作品を楽しみたいのか、様々な目的に向かって視聴する作品を選び、進めていくと良いと思います。
後の戦争と、1年戦争の別の戦場の作品については、次の段落で説明します。



ガンダムを見る順番を考えるために知っておきたい時系列

ガンダムは宇宙世紀と呼ばれる一連の時代を進んでいく物語です。
主な作品を時系列で古い順に並べると次のようになります。

宇宙世紀0079 機動戦士ガンダム
宇宙世紀0083 機動戦士ガンダム0083 Stardust memory
宇宙世紀0087 機動戦士Zガンダム
宇宙世紀0088 機動戦士ガンダムZZ
宇宙世紀0093 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
宇宙世紀0096 機動戦士ガンダムUC
宇宙世紀0097 機動戦士ガンダムNT
宇宙世紀0122 機動戦士ガンダムF91
宇宙世紀0149 機動戦士Vガンダム
宇宙世紀0223 Gセイバー
ずっと未来 ターンAガンダム

宇宙世紀0079の機動戦士ガンダムでの戦争を1年戦争と呼びますが、1年戦争周辺においてアムロやホワイトベースがいない別の戦場の物語が映像化されたものがあり、次の作品です。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN
機動戦士ガンダム MS IGLOO
機動戦士ガンダム 第08MS小隊
機動戦士ガンダム サンダーボルト
機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争

次に宇宙世紀とは異なる設定で構築されたガンダムストーリーを挙げます。

Gガンダム
ガンダムW
ガンダムX
ガンダムSEED
ガンダムSEED Destiny
ガンダムOO
ガンダムAGE
Gのレコンギスタ
鉄血のオルフェンズ

すっごい多いですが、宇宙世紀とは異なる設定で構築されたガンダムストーリーは、アナザーガンダムとも呼ばれ、基本的にどのタイミングで見ても問題ありません。
ストーリー概要やビジュアルの情報を得ながら、興味があるものを選んでみてください。まだまだ楽しめますね!!



女性におすすめしたいガンダム作品を見る順番

女性におすすめするときのことを語らせていただきます。
この視点が大事です。私は人類皆にガンダムの良さを知っていただきたいのです。
様々な人にガンダムを進めてきて、ガンダムを知らない女性に印象の良かった作品を紹介します。

出典:https://mantan-web.jp/article/20170422dog00m200011000c.html

それは機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 です。
コロニーのある世界観を舞台に、戦争を知らない子ども達が戦争に触れて哀しみ、成長する物語です。
これは、モビルスーツ戦よりも人間ドラマに重点が置かれており、また前後の時代背景などあまり知らなくても単発映画のように楽しめるので女性におすすめしています。



ガンダム見る順番 逆襲のシャアに辿り着くコース

1988年に機動戦士ガンダム 逆襲のシャアが公開されてから、ながらくアムロにまつわる宇宙世紀物語の主たる物語はここまで見ればひと段落と言われてきましたが、
ガンダムUCにブライト・ノアたちも登場してうれしい気持ちになったし、スペースノイドの人権に関わる宇宙世紀憲章についてもとりあげられたことから
逆襲のシャアまで観たなら、ガンダムUCまで観てもらいたい というのが近年のゴールデンコースです。
つまり、
機動戦士ガンダム → 機動戦士Zガンダム → 機動戦士ガンダムZZ → 逆襲のシャア → 機動戦士ガンダムUC というコースです。



ガンダム見る順番 ガンダムユニコーンから始まるコース

最近の作品であるガンダムUCを最初に観て、宇宙世紀を知りたいという人もいるかと思います。その場合はどのように既存作品に合流したらよいでしょうか?
これはやはり、ガンダムUC作中でビジュアル化された衝撃の事件、宇宙世紀0001年の改暦セレモニーでのラプラス爆破テロ後の世の中がどのようになっていったかを知っていくのが楽しいので、
さかのぼって最古作から観る というのがおすすめです。
つまり、
機動戦士ガンダムUC → 機動戦士ガンダム → 機動戦士Zガンダム → 機動戦士ガンダムZZ → 逆襲のシャア → 機動戦士ガンダムUC というコースです。

 

関連記事>>>ユニコーンガンダムペルフェクティビリティ圧倒的な強さと性能



さいごに -ガンダムシリーズ作品を見る順番のおすすめはコレ! 時系列もまとめて理解!-

いかがでしたでしょうか!?
さて、ここでひとつのループが完成しました。
逆襲のシャアを目指して最初から観始めても、ガンダムUCから興味を持ち以前作を観始めても、結局同様の作品視聴ループを形成するのです…!
いわゆる宇宙世紀ファンは、このループを何度も回りながら、要所で都度サイドストーリーやアナザーガンダムを楽しんでいる人が多いように思います。
もちろん楽しみ方は自由! みなさんも好きな方法で楽しんでください! その始まりの第一歩を探しにこの記事にたどり着き、参考になっていたら幸いです。

 

関連記事>>>閃光のハサウェイの特徴的な機体と作品の時系列



 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。