ガンダムの名言の励まし-仕事で疲れたあなたにこそ見てほしい!-

皆さんは仕事が忙しく疲れきってはいませんか?

今回はそんな皆さんを励ますようなガンダムの名言を
集めてみました!

ガンダムの名言 有名なのはこれだ!

まずは有名なものの紹介から!
これを思い出すだけでガンダムの世界観に浸れるのでは?

「MSの性能の違いが戦力の決定的差ではないということを教えてやる!」

ザクとガンダムの性能さを目の当たりにするが、
怖気づくどころか強気な姿勢のシャアの言葉。
熱くなる名言です!

「2度もぶった! 親父にもぶたれたことないのに!」

ブライトに殴られたアムロが放った言葉。

「ザクとは違うのだよ!ザクとは!」

アムロが乗るガンダムとランバ・ラルの乗ったグフの戦闘シーン。
ランバ・ラルの中でもかなり有名なセリフです。

「あんなの飾りです!偉い人にはそれがわからんのですよ!」

足がないと指摘された技術者が言った言葉。
こちらも有名ですよね。

「アムロ、行きます!」

アムロ出撃のシーン。
物凄く有名なセリフですよね!




ガンダム名言-日常で思い出したい!-

普段の生活で悩んだりしたときに聞きたい名言紹介です。

「与えられたものの中で最大限に考えて生き延びるんだな」

NT専用機エルメスについて語り合うシーン。
最新兵器を目の当たりにして、どう戦えばいいか悩む中で
ブライトが言った言葉です。

ないものねだりしても仕方がなく、限られたものの中でいかに考えるかを言っています。
現代の人は「時間がない」や「お金がない」と言いますが、
この言葉を思い出せば工夫できるかもしれないと思えるのではないでしょうか?

「人間若いときはいろんなことがあるけど、今の自分の気持ちを本気にしない方がいい」

ミライさんとスレッガー中尉のやりとり。
ミライさんの気持ちを知っていて、
死なないでくださいという彼女に対して、スレッガーさんの言った言葉です。

自分が何かを決心したときに、
もう一度考え直すきっかけになる一言だと思います。




ガンダム名言-仕事中に思い出したい!-

仕事中にうまい具合に使えそうな名言の紹介です!

「現場を知らんのだ、戦場を!」

連邦軍からの無理な命令を聞いた、リード中尉が放った言葉。

無理難題を押し付けてくる上司に対する
愚痴をこぼすときにふざけて使ってみては?

「チャンスは最大限に生かす。それが私の主義だ。」

アムロとの決闘後、セイラからの質問に対するシャアの返答。

重要な役割やチャンスを与えられたときに、
自らを奮い立たせるために思い出してみては!

「私には閣下の深いお考えはわかりません。
しかし、わかるように努力するつもりです。」

ジオン軍側ニュータイプのシャリア・ブル大尉の言葉。
ギレン・ザビとシャリア・ブルの会話の中で
ギレンの「私がなぜ君をキシリアのもとにやるかわかるか?」
という質問に対する答え。

上司に言われた話(またはそれに対する返答)が難しかった場合での
部下の返答としては完ぺきなのでは?




ガンダム名言 -あなたを励ましてくれる!-

普段の生活で落ち込んだり、不安になったりしたときに
聞きたい名言の紹介です。

「大丈夫。あなたなら出来るわ。」
セイラさんの言ったこのセリフは、第5話でホワイトベースが大気圏突入する際に
追ってきたザクに対してアムロが一人戦うシーンのものです。

一歩間違えれば命を落とすかもしれない状況で不安であるアムロに対するこの言葉は
なんの根拠もありませんでしたが…。

しかし、試験や試合、なにかに初めて挑戦する状況で
この言葉はきっと皆さんを励ましてくれるはずです!
(セイラさんに言われてると思えばなおさら元気が出る人もいるのでは?)

「あなたが中心になる以外ないし、みんな頼りにしているんだから」

なかなか良くならない戦闘の中で、ホワイトベースのキャプテンとして
一人悩んでいるブライトに向けてミライさんが言った言葉。

19歳にしてホワイトベースのキャプテンとなったブライトは
乗組員の命(こどもも)を預かっておりかなり大変だったともいます
その中でこのように声をかけてくれることが
どれだけありがたい事でしょうか?

チームのリーダーなどになった人は思い出したい一言です!




ガンダムの名言 -感動する!-

感動的なシーンを思い出す名言の紹介です。

「我々らが未熟だったために、リュウを殺し、何人もの仲間を…。
勘弁してくれ、リュウ。勘弁してくれよ…。」

特攻してくる敵のホバークラフトを止めるガンダムに対し
背後から攻撃を仕掛ける敵に対し、体当たりをして
なくなったリュウを惜しむシーン。

みんながみんな自分のせいだという中で
ブライトがアムロに賛成しながら言った言葉です。

悲しみに暮れる乗組員ですが、自分があの時こうしていればと
後悔する中で未熟だった全員に責任があるとする
大人な発言でした。

「ごめんよ、まだ僕には帰れるところがあるんだ。こんなにうれしいことはない」

戦闘が終わりア・バオア・クーを脱出したアムロが
ホワイトベースの仲間のもとへ行くシーン。

物語の途中でなくなったララァに対していったアムロの言葉です。

帰れるところがあるというありがたさを実感しているアムロ。
皆さんも普段は当たり前すぎて思わないことかもしれませんが、
この言葉を思い出して、考えてみてはどうでしょう?




関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。