ガンダムのモビルスーツの型番の意味

ガンダムシリーズに登場するモビルスーツには、型番いわゆる形式番号というものが各機割り振られています。
例えばガンダムは、「RX-78-2」、ユニコーンガンダムは、「RX-0」が有名ですよね。
それではこれらの型番はどのような意味が込められているのか、今回はモビルスーツの型番について徹底解剖したいと思います。

ガンダムのモビルスーツたち

ガンダムシリーズに登場するロボットはすべて「モビルスーツ」という人型兵器で呼称されています。
一般的に人型を模したものがモビルスーツで、非人型がモビルアーマーという扱いになっています。
ガンダムSEEDでは、バクゥやラゴウといった機体が四足歩行ですが、モビルスーツという形で出ています。
元々は、宇宙のデブリなどを回収するモビルワーカーが主体で、作業用のものが一般的でありました。

現在NHKで放送中の「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜ー赤い彗星ー」で明らかになっていますが、
ドズル・ザビ率いるプロジェクトチームがモビルスーツの元祖ともいえる機体を開発し、
ミノフスキー粒子の生みの親ともいえるミノフスキー博士のもとで着々とその計画が進行していたのがわかります。

従来のロケットに必要な推進剤を小型化し、モビルスーツの背部に装備することで宇宙空間の戦闘を可能にしました。
モビルスーツは、それまでの戦艦や飛行機などの戦争を一気に覆すような革命を起こすぐらい戦争モデルを変えました。
また、「機動戦士Zガンダム」から登場する可変モビルスーツは、人型の際はモビルスーツ形態と呼ばれます。

今回は一年戦争と個人的に気になっているガンダムSEEDに絞ってモビルスーツの型番について話していきたいと思います。



ガンダムのモビルスーツの型番の意味

地球連邦軍

まず最初に、地球連邦軍の型番について話します。
機動戦士ガンダムの主人公機のガンダムは、「RX-78-2」と呼称されていますが、
これは一体どういう意味なのか。
頭文字のRは連邦軍を表しています。
次にXは試作品という意味で、2は2号機という意味です。

この2号機というのは、本来ガンダムはホワイトベースに3機配備される予定でした。
アニメ第一話「ガンダム、大地に立つ」で描かれているのは、この2号機の話で、
それ以外のガンダムはすでにジオンのザクⅡに大破と小破させられました。
大破したRX-78-1の戦いは、漫画「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」の冒頭で描かれていますので、
よければご参照ください。

出典:http://www.gundam-the-origin.net/products/plamodel.html

ちなみに小破したRX-78-3はのちのG-3ガンダムとして小説版「機動戦士ガンダム」で描かれています。


出典:https://p-bandai.jp/item/item-1000095672

話を元に戻しますね。
つまり、アルファベット順に意味を記すと
1文字目
R:地球連邦軍

2文字目
X:試作機
GM:ジム系列機
B:ボール系列機
TX:ガンタンク初期型
TC:ガンキャノン初期型
という感じで、それぞれが振り分けられるということです。
つまりジムは、「RGM」ということになります。



ジオン公国軍

次にジオン軍の型番の振り分けです。
ジオンはさすがといっていいのか、モビルスーツの元祖を作ったこともあって実にわかりやすい振り分けになっています。
ジオンの主力機「ザクⅡ」は、MS-06という型番がつきます。
まずMSというのは文字通りモビルスーツという意味で、06というのはジオン軍で6番目に開発されたという意味です。
非常にシンプルですね。

つまり、ジオン軍の型番でモビルスーツを一覧にしてみると以下のようになります。
01:クラブマン
02:モビルワーカー MW-01 01式 最後期型 宇宙仕様
03:
04:プロトタイプ・ザク
05:ザクⅠ(旧ザク)
06:ザクⅡ
07:グフ
08:イフリート
09:ドム
ということになります。



SEEDにおいてのガンダムの型番

次は、私が以前から気になっていた地球連合軍の機体について調べたいと思います。
ガンダムSEEDシリーズのガンダムは、起動時に「G.U.N.D.A.M」という表記が出てきます。
主人公キラもこれを読んでガンダムと呼んでいました。
ガンダムSEEDにはガンダムをその名前で呼んでいるものはごく少数で、
アニメ本編でもキラとムウ、カガリの3人しか呼んでいませんでした。

それでは本題に入りましょう。
SEED系のガンダムはGAT-Xシリーズとして地球連合軍の試作機として配備される予定でした。
このGAT-Xというのはまず「G」が「Genesis」及び「Genocide」
この「G」は単なる型番という意味だけでなく、機体に内蔵されたOSの頭文字の二つの意味があります。
先ほどの「G.U.N.D.A.M」のという意味です。

形式番号のGATは、「Gressorial Armament Tactical=戦術装脚兵装」の略です。
Xは、ファーストガンダム同様に試作機を表しています。
つまり、初期の5機のガンダムは以下のようにあらわされることになります。
・GAT-X102  デュエル
・GAT-X103 バスター
・GAT-X105 ストライク
・GAT-X207 ブリッツ
・GAT-X303 イージス
ということです。

ちなみに先ほどの「G.U.N.D.A.M」の正式名は、

G=General

U=Unilateral

N=Neuro-Link

D=Dispersive

A=Autonomic

M=Maneuver Sunthesis

の略称で、「単方向の分散型神経接続によって自律機動をおこなう汎用統合性システム」という意味です。
これは地球連合軍のOSのものですが、ザフト軍の0フリーダムとジャスティスのOSだと以下のようになります。
G=GENERATION

U=UNSUBDUED

N=NUCLEAR

D=DRIVE

A=ASSAULT

M=MODULE

___COMPLEX
「核駆動を使った世代の強襲モジュール兵装」という意味だそうです。

子供のころになんとなく見ていたので、調べるとちゃんと意味があるんだなと実感しました。



まとめーガンダムシリーズのモビルスーツの型番の意味ー

いかがでしたでしょうか?ガンダムに登場するモビルスーツには型番というものがあります。
少し話が逸れてしまったのはさておき、
それら型番にもちゃんとしっかりした意味が込められているんだということが伝われば幸いです。

今回は一年戦争とSEEDしか取り上げられませんでしたが、
皆さんの好きなモビルスーツや作品があると思いますので、
型番とかも見てモビルスーツを知るのもいいと思いますよ。



 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。