• HOME
  • ブログ
  • ガンダム
  • ガンダムの異名 二つ名 あだ名を知ろう!エースパイロットの誇り高き二つ名、戦艦のあだ名など。

ガンダムの異名 二つ名 あだ名を知ろう!エースパイロットの誇り高き二つ名、戦艦のあだ名など。

ガンダム作品の登場人物の中では最も有名な人物のひとりであるシャア・アズナブル。
彼は赤い彗星と呼ばれ、連邦軍には恐れられ、ジオン軍には尊敬され、または嫉妬されています。

この赤い彗星というような名前を、異名・二つ名・あだ名・ニックネームなどと呼びますが、ガンダムにはこのような異名が多くあります。
異名は人だけでなく、モビルスーツや戦艦にもつけられます。

戦争では互いに新型兵器や新人パイロットを戦場に投入しますので、名前や情報のない敵ユニットをターゲットにしなければならない場合があります。
そんなとき、未確認飛行物体め!などと呼んでいてはUFOですから、わからない敵や、知ってもしょうがない(興味のない)敵のことを
「モビルアーマーのできそこない」とか、「蚊トンボ」とか読んだりします。

そんな異名について紹介していきたいと思います。

ガンダムに出てくるエースパイロットの異名といえば、赤い彗星

出典:https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1902/05/news008.html

いつから、誰がシャアのことを赤い彗星と呼んだのでしょうか!?
この異名はルウム戦役でシャアが驚異的な活躍を見せたときから そう呼ばれ始めました。
シャアは軍人として成り上がってザビ家に近寄ろうと考えていましたから、この誉れ高き異名は歓迎だったはずですが、
シャア自身が「明日から赤い彗星と呼んでくれ」と言ったのではありません。

誰がそう呼び始めたかは、作中や設定では明確にされていませんが、軍には広報という 軍内外や民間に戦績を伝える仕事があり、その広報がつけたのではないかと私は想像します。
戦争における広報は、自軍が情報不足にならないように情報を届けるだけでなく、モチベーション維持や雰囲気操作のために効果的な言葉を使います。
赤い彗星という兵器のような存在を広め、ジオン軍優勢の色を強めようとしたのだと思います。



死神と呼ばれたエースパイロット

戦場において、敵モビルスーツは見えますが、パイロットは見えません。
ザクが来た! ドムが来た! とは言えるのですが、パイロットによって強さが違うので、戦闘していると
なんかあのザクだけ超強い…! とか、なんかいつも要所を撃破してサッと帰っていくドムがいるな、やりにくいぜ…。という個性が定着してきます。

拠点防衛では、何日~何か月もそこで敵軍とにらみ合い、結構だらだらと時間をかけて、もはや知り合いのように思えてくるおきまりの敵ユニットと削り合いを続けているものです。
そうやってそれぞれの戦場で異名が定着していきます。

出典:https://plaza.rakuten.co.jp/shimahachijyou/diary/201003070000/

戦い振りで死神と異名が付けられたパイロットが連邦軍にいます。
「踊る黒い死神」リド・ウォルグ少佐です。
リドの意向により黒くカラーリングされたガンキャノン量産型、ジム・キャノン、ジム・スナイパーⅡに乗り、踊るように機体を駆ることからそのように呼ばれました。
1年戦争におけるアフリカ掃討作戦では敵機21機を撃墜、ア・バオア・クー攻防戦では敵MS68機と戦艦4隻を撃墜。
多数の撃墜実績により連邦軍内第3位の撃墜数を記録するエースパイロットです。
アニメ本編には出てきていませんが、漫画『GUNDAM LEGACY』episode 10(3巻record 13) 【踊る黒い死神】にて、その存在を確認することができます。

出典:http://www.08ms-team.net/story/

また、そんな強き死神とは異なり、疫病神としての「死神」の異名で呼ばれたパイロットも存在します。
テリー・サンダースJr.(機動戦士ガンダム 第08MS小隊)は、3度目の出撃で所属部隊を全滅させてしまうジンクスを指摘され、そのように呼ばれました。



ガンダムに登場するエースパイロットの異名一覧

ガンダムに登場する異名を挙げます。

青い巨星(ランバ・ラル) 機動戦士ガンダム
テレビ放送時にはこのようには呼ばれていませんでしたが、劇場版で設定されました。劇場版Ⅰで赤い彗星が話題になったので、それに対する劇場版Ⅱの敵の顔として花を持たせました。

暗黒の破壊将軍(ヴァルダー・ファーキル) 新機動戦記ガンダムW
OZプライズの指揮官で、黒いモビルスーツに乗り敵を次々と壊滅させたことからそのように呼ばれました。

エンデュミオンの鷹(ムウ・ラ・フラガ) 機動戦士ガンダムSEED
グリマルディ戦線において月面エンデュミオン・クレーター上での活躍によりそのように呼ばれました。

黒い三連星(ガイア、マッシュ、オルテガ) 機動戦士ガンダム
三人まとめての活躍が評価され、三人セットで異名がつけられました。

砂漠の虎(アンドリュー・バルトフェルド) 機動戦士ガンダムSEED
活躍を知ったプラント本国の広告代理店が国威発揚のために異名を立て、報じたことが始まり。

白い狼(ウルフ・エニアクル) 機動戦士ガンダムAGE
白いMSに乗る天才的パイロット。動物的なセンスで戦場で匂い(予兆)を嗅ぎ分けます。

ヒトラーの尻尾(ギレン) 機動戦士ガンダム
デギンがギレンの計画書に承認のサインをする際に、ギレンをそのように揶揄しました。



ガンダムに登場する戦艦の異名

戦艦にも異名がつけられました。
機動戦士ガンダムにおいての、当時の最新鋭戦艦ホワイト・ベースです。
その外観から、ジオンに木馬と呼ばれました。
動かない玩具の名前をつけることで、恐れを隠して向き合おうとしたジオン側の意図もあろうかと思います。



最後に -ガンダムに出てくる異名を知ろう! エースパイロットの誇り高き二つ名、戦艦のあだ名など。-

いかがでしたか!?
小学校の学級内での出来事のように、あだ名というのは誰かが初めて言い出して、その言い回しが「言い得て妙」なほど流行します。
機動戦士ガンダム(1st)において、初めてエルメスに遭遇したときに、ホワイト・ベース内のクルー達はエルメスの画像を見ながら対策を立てました。
そのとき、ミライ・ヤシマが「チューリップだかとんがり帽子みたいなの」と言ってから、みんなそのように呼び出しました。

意外とネーミングセンスの光る ホワイトベースのおっかさん、ミライでしたね。
異名を知るとキャラクターに愛着がわきますね。異名をどんどん知りましょう!



 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。