リクジム4

ガンダムの後付け設定のRGM-79[G]陸戦型ジムの矛盾

連邦軍初のMS・・・といえば?
そう、RGM-79 ジム
と設定されています。

しかし、このジムより先に
量産型MSが完成していたとしたら・・・?
しかもそれがジムより高性能だといったら・・・?

皆様信じていただけるでしょうか。
この盛大な矛盾に・・・。
では紹介いたしましょう。

RGM-79[G]陸戦型ジムって?

リクジム2

連邦軍にて
一番最初に量産化され実践投入されたたMS
RGM-79[G]陸戦型ジムでございます。

装甲にはガンダムと同じ素材のルナチタニウム合金を使用し
RGM-79ジムのビームスプレーガンとは
違いビームライフルを装備可能。

ジェネレーター出力は
ガンダムより劣るものの

RX-79[G]陸戦型ガンダムとの
パーツ互換も可能にした。
RGM-79ジムより数段階高性能な量産型MSです!

RGM-79ジムが本格的に実戦投入された
ジャブローの攻防以前に
生産され、実戦投入されています。

ということはRGM-79ジムは連邦軍初の量産型MSではない?

リクジム3

時系列からみると
連邦軍初の量産型MSは
RGM-79[G]陸戦型ジムとなります。

しかし設定資料などには
連邦軍初の量産型MSはRGM-79ジム
であると明記されています。

この矛盾はいったい・・・?
まさにこれがガンダムの後付の闇。

ファンが苦情を言い続けた結果、設定が変更に

リクジム5

多くのガンダムファンが
連邦軍の初の量産がMSはRGM-79ジムであると
苦情を申し入れた結果設定が変更され
RGM-79[G]陸戦型ジムは「先行量産型」とされ
あくまでRX-79[G]陸戦型ガンダムの

数あわせとして生産された
RGM-79生産のためのデータ収集用の試作機
となった

確かに
ルナチタニウム合金が量産型MSに
使用できるのであれば
後のRGM-79ジムの装甲もチタン系合金ではなく

ルナチタニウム合金が採用されるはずであるし
一年戦争時にビームライフルを制式装備できる
MSを量産できるのであれば

ビームスプレーガンを採用する必要もないだろう。
要するに、ガンダム後付け設定お約束の
コストが高すぎるために量産や採用が見送られたというやつだ。

そしてこっそりジェネレーターがRGM-79ジムと同型だが
より低出力のものに変えられている

より低出力のものになってしまうと
ビームライフルが装備できないことになるのだが・・・。

ちなみに解説本では装備しているのだから
打てると思われると完全にお茶を濁しにかかっている。

データ収集用の試作機の割りに派生が多い

リクジム6

データ収集用の試作機としたにしては
派生先が多すぎることが目に付く。

データ収集をして、生産されたRGM-79ジムを
改良し、派生させればいいはずなのだが

ジムスナイパー・・・これはスナイパーライフルを持っただけという説もある

ジム・コマンド・・・これも後付により関係性があやふやに。

ジムスナイパーⅡ・・・ジム・コマンドの派生、ガンダム以上の性能を持つ

といわゆるエースが乗る機体へと変遷していっていることがわかる。

もちろん。RGM-79ジムも
多くの派生、カスタムが存在しているが
最終的に連邦軍最強の量産型MS
と謳われている、ジムスナイパーⅡ

の土台として
使われているのは、この
RGM-79[G]陸戦型ジムだ。

GM計画とはいったいなんだったのか・・・。

あわせて読みたい記事

ガンダムの後付け設定の矛盾には多く種類が存在する。
そのあまりにもひどい後付けの矛盾をまとめた記事を作りましたので
そちらもあわせて読んでほしい。

 

さいごに

陸戦型ジムの解説を行いました。
こちらは機動戦士ガンダム第08MS小隊に
登場するMSです。

個人的には
この陸戦型ジムの頭だけを
陸戦型ガンダムに取り付けて修理する

という力技修理を行った
通称 ジム頭という機体が
とてもかっこいいと思っています。

こう、現地改修機って
心が躍りませんか?

 

 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。