陸戦型アイキャッチ

ガンダムの後付け設定陸戦型ガンダムの矛盾

今回は
ガンダムの後付設定によって
設定が大変な矛盾を起こしている。

RX-79 陸戦型ガンダムについて解説していきたい。

陸戦型ガンダムって?

陸戦型ガンダム
機動戦士ガンダム 第08MS小隊 公式サイトより引用

UC.0079に
地球連邦軍本拠地、ジャブロー近辺に配備された
RX-78シリーズ(ガンダムのこと)に使う部品
規格落ち品で製造された

RX-78シリーズとは別軸のガンダムタイプです。
元々このシリーズの開発計画があったわけではなく
地球連邦軍の陸軍省が押し寄せるジオン軍に対して

早くMSをほしがったため急遽開発された試作機です。

パーツが均一の品質ではないため
性能にばらつきがあり
機体そのものにリミッターをかけて
性能の均一化を図っています。

しかし、ガンダムタイプであることに変わりはないので
性能は高く、また
同系統のRGM-79G 陸戦型ジムとのパーツの互換性が高く

整備性が高いため
20機生産されました。

名前だけでも矛盾していた

陸戦型ガンダム2
機動戦士ガンダム 第08MS小隊 公式サイトより引用

実はこの機体発表直後から非常に荒れており、

名前が量産型ガンダム・・・連邦初の量産型MSはジムであると公式で発表されている。

先行量産型ガンダム→ガンダムの量産型はジム。

ガンダム地上戦装備・・・RX-78シリーズではない

陸戦型ガンダム

に落ち着きました。

【ガンダムの設定 後付けの矛盾】生産数でも矛盾?

スレイブレイス
機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク 公式サイトより引用

先ほど20機ほど生産されたと記載しましたが、
ガンダムの世界で20機とは
実はほぼ量産といっても

差し支えない量の製造数です。

RX-78シリーズが完全な試作機ですが
これも後付で増えていき現在9機程度(厳密には8機)まで
増えていますが

その倍の数生産されたことになります。
※ガンダムの世界では1機だけしかない機体が当たり前に存在する

また、20機の製造数といわれていますが
外伝や新作ゲームがでると
この陸戦型ガンダム

または陸戦型ガンダムをベースに
カスタマイズした機体が主人公機とされるケースが多く
既にこの20機という枠を取り合う形になっています。

そのうちこの20機という製造数も
1機、2機と増えていくのでしょう・・・。

直近では後付の被害者に?

局地ガンダム
機動戦士ガンダム ジオリジン 公式サイトより引用

後付の王様ともいうべき
この陸戦型ガンダムも
ついに後付の被害者になってしまう事態になりました。

ジ・オリジンにて
RX-78-1(N) 局地型ガンダム
という機体が発表されました。

RX-78-1は
プロトタイプガンダムでは?
と思われた方。

この機体は
RX-78-1(N)です・・・。

なんとこの機体
RX-78シリーズ(ガンダムのこと)に使う部品
規格落ち品で製造された安価製造したガンダムです。

陸戦型ガンダムの設定がそのまま使われたわけですね。

そして陸戦型ガンダムは
この局地型ガンダムのデータを下に
新規開発されたガンダムということになりました。

・・・機体にリミッターをかけて性能を均一化とか
急遽製造した・・・とか
そのあたりの設定はどうするんでしょうね・・・。

この設定ならジャブロー周辺にも
RX-78-1(N)を配備すればいいのでは?

お得意の「生産コストの問題」でしょうか。
・・・元々同じ部品を使って20機生産したくせに・・・。

あわせて読みたい記事

ガンダムの後付け設定の矛盾には多く種類が存在する。
そのあまりにもひどい後付けの矛盾をまとめた記事を作りましたので
そちらもあわせて読んでほしい。

 

さいごに

ガンダムはこういった後付であふれています。
この後付を否定しつづけるのではなく

楽しんでいくことがガンダムを楽しむ秘訣かと思います。

局地型ガンダムもジオリジン設定だから無効だ
という人もいますが
公式にしっかりと

「局地型ガンダムをベースに開発された」
と記載されてしまっているため
もうこれはガンダムの世界の理になりました。

否定的になるより、許容して
「なるほどーそうきたかー」
と思ったほうがきっと気が楽かと思います。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。