ユニコーンガンダムとバンシィとフェネクスの強さを比較! 最強はどれだ!?

機動戦士ガンダムUCと機動戦士ガンダムNTをひと括りとした一連の物語の中では、ガンダムが3機登場します。
ユニコーンとバンシィとフェネクスです。
それぞれを開発名称で呼ぶと、RX-0 ユニコーン、RX-0 ユニコーンガンダム2号機「バンシィ」、RX-0 ユニコーンガンダム3号機「フェネクス」となります。

初代ガンダムすなわち「RX-78 ガンダム」の頃から、私たちガンダムファンが意識してきたガンダム開発計画に添えられた番手「RX」について、
その「0番」であるこの3機体は一体何なのか!? 大変興味のあるMSです。
それぞれはどのような機体で、最強はどれなのか!? 考察していきます。

RX-0その3機のコンセプトについて

出典:http://www.gunjap.net/site/?p=32740

RX-78に親しんできた私たちが目にする新しい機体がRX-0、すなわちRX番手の起源だという感動は、
ドラゴンクエスト3が、ドラゴンクエスト1の起源たる物語だと知ったときの感動と似ています。
ずっと親しんできた宇宙世紀の物語において、初代ガンダムが活躍したUC0079年が ながらく私たちファンの熱意の起源だったのが、
今になって UC0001年の出来事からまつわる物語を知ることができるという感動が後から提供されるなんて、…こんなにうれしいことはない…。

3機のガンダムのコンセプトは、「一角獣」「獅子」「不死鳥」です。力強く美しいコンセプトですね。
素晴らしすぎて私の胸は高まりました。

私たちの生きる現代において、ガンダムシリーズに関わらず、更新される様々な物語のコンセプトは、常に最新のものが最高であることが期待されてきました。
例えば、ポケットモンスターのシリーズ名で語ると、「金・銀」というタイトルが出たときはこれ以上が無い最上のタイトルのように思えました。
しかしその後「ダイヤモンド・パール」「ブラック・ホワイト」「X・Y」「サン・ムーン」というタイトルで最新の物語が更新されていき、
なるほどそういう視点で名付けると、それが最上のタイトル表現であるな と感動したものです。

宇宙世紀におけるガンダムの話に戻りますと、ZやZZ、νと常に最新のガンダムに最上の強さと美しさを感じてきた私たちが、
新しい価値を感じるその世界観が一角獣や不死鳥など神話の世界だということに、美しさを感じずにはいられません。
ガンダムを考える係の人たちに感謝致します。ありがとうございます。




ユニコーンガンダムの性能と強さは!?

出典:https://gundam.fandom.com/wiki/UC_Project

ユニコーンガンダムは、バナージの手のひらで認証され、これまでのMSよりもパイロットとMSの関連付けが密になっています。
バナージ以外には起動させることができなくなっていますが、このセキュリティ・システムは戦争においてはデメリットもあります。

戦死やコンディションの維持のためにパイロットの入れ替え事案が発生するのが前提の戦争において、普通はこのようなシステムは採用されません。
バナージしか起動できないこの機体は戦争のためのMSではないのでしょう。
特別な存在、それがユニコーンガンダム+バナージなのです。

機体の一部はサイコフレームで構成されており、平常時はユニコーンモードで白くて無垢な外観の機体ですが、戦闘相手がニュータイプであるなど特定の条件下でデストロイモードとなり、
一角獣の角が割れ、ガンダムの容貌を成します。フレームから露出して見えるサイコフレームが美しい機体です。

露出したサイコフレームが発光する理由は、アナハイム・エレクトロニクスの技術者でもわからないそうです。
サイコフレームは理解不能だが価値がある素材として採用されているのです。
デストロイモード時は性能が大幅に向上しますが、パイロットに負担がかかるため常用はできません。

ユニコーンの重要な性能に、サイコミュ兵器無効化があります。この性能はデストロイモード時に発揮します。
敵のサイコミュ兵器のコントロールを乗っ取るのですから驚きです。

これまで、宇宙世紀のガンダムの物語においては、パイロットのポテンシャルはニュータイプが上位にありました。
もちろん、ニュータイプであることが強さの全てではありません。ですが、ニュータイプ>強化人間>普通の人間 という影響力の序列は意識されていました。
そこにニュータイプ殺しと表現されるこの性能の出現で、この序列は将来崩れることが示唆されたと私は受け取りました。
ニュータイプを含め、人が素質だけで優れているだとか、優れていないとかが論じられることのない、新しい関係の可能性を感じました。

強い・強くないという表現で語りにくいこの神々しいMSは、デストロイモードの機能測定が困難なため、強さを数値で語ることはできません。
通常時のスラスター推力など、基本的な性能はユニコーンとバンシィは同等です。
この同等設定は、MSの性能ではなく人の意志の強さによって勝ち、未来を掴みとっていくのだというメッセージのように感じました。




バンシィの性能と強さは!?

出典:http://getwallpapers.com/collection/gundam-unicorn-wallpaper-hd

黒いユニコーンです。
主人公のガンダムに相対するガンダムの色が黒いということだけで、往年のファンたちは嬉しくて泣きました。
前述のように、基本性能はユニコーンと同等ですので、機体だけで勝負は決まりません。
パイロットたちの想いが戦闘と戦争を進めていきます。

バンシィはユニコーンのように、専用機ではありません。ですがやはりパイロットへの負担が大きなMSですので、誰もが乗れるというものではありません。
ユニコーンにはないアームドアーマーという兵器が腕に備わっており、その外観からも好戦的な設計だという印象を受けます。
重力下の力技であれば、ユニコーンに勝ると言われています。




フェネクスの性能と強さは!?

出典:https://gigazine.net/news/20180420-gundam-nt-narrative/

ユニコーンとバンシィのデータを反映させて開発された3号機 フェネクス。
ただし、この機体の開発にはビスト財団は関わっておらず、連邦軍が勝手に開発したものでした。
美しい全身の金色塗装は耐・ビームコーティングです。

サイコフレームの性能を応用した推進力により高速で移動することができます。
「ほとんど光の早さ」と表現され、得体の知れないポテンシャルをチラつかせ、人々の興味の中心に存在します。
補給もなく稼働してきたその機体は、テクノロジーだけでなく人の魂の力なくしては実現できないパフォーマンスだと言えます。




ユニコーンガンダムとバンシィとフェネクスを比較したら最強はこれだ!

最強はフェネクスだと私は考察します。
フェネクスには技術力だけでは勝てない何かを纏っています。
ほとんど光の早さで起動し、補給なく稼働し続け、時を遡り敵機を分解する というその神々しい性能は、やはり最強と呼べるのではないでしょうか。




さいごに -ユニコーンガンダムとバンシィとフェネクスを比較! 最強はどれだ!?-

いかがでしたでしょうか!?
フェネクスのことをもっと知りたいですが、なかなか情報がありませんね…!
昔、SDガンダム外伝 騎士ガンダム物語にスペリオルドラゴンという神的存在のキャラがいました。
1991年頃の話なので、もちろんフェネクスという存在は企画の種にも挙がっていない時代だと思いますが、
金色の機体に超越した強さを持つスペリオルドラゴンのその姿が、私の中ではフェネクスと重なり、懐かしいやら新しいやら、なんとも不思議な感動がありました。

出典:http://kunio929292kunio.blog.jp/archives/1052057330.html?p=3

ながらくガンダムファンをやっておりますが、機動戦士ガンダムUCと機動戦士ガンダムNTは本当に観てうれしくなった作品です。
私たちのために作られた作品だと思いました。
ガンダムをつくる係の人たち、本当にありがとう…!!




関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。