機動戦士Vガンダムの性能・強さ・パイロット・ガンイージとの性能比較のまとめ!

「機動戦士Vガンダム」に搭乗するVガンダム!その強さ・性能・パイロットをまとめてみました!量産機ガンイージとの性能差は!?

Vガンダムの性能・強さ

Vガンダムとは?

主人公の属するレジスタンス勢力「リガ・ミリティア」が開発したモビルスーツ。読み方は「ヴィクトリーガンダム」。頭部とジェネレーターを有するコアファイターを中心に、上半身を構成するトップリム、下半身を構成するボトムリムに分離合体する機能を持つ。

出典「https://www30.atwiki.jp/niconicomugen/pages/3809.html」

Vガンダムの性能は?

Vガンダムにはミノフスキーフライト採用され、同時代の他モビルスーツに比べて高い飛行能力を誇る。また、分離合体機能により、様々な運用状況に対応可能な他、予備パーツも用意されているため、破損箇所を随時換装できる柔軟な機体となっている。機体各部にはハードポイントによって、戦況による武装の追加などに柔軟に対応する。

出典「https://sガンロワ攻略.gamematome.jp」

Vガンダムの強さは?

前述の通り、高い飛行性能と分離合体機構を駆使し、柔軟な戦闘を見せる。分離合体機能は破損箇所の換装の他に、分離したパーツを敵機に体当りさせて攻撃に用いたり、用意されていた予備パーツで構成したVガンダム3機で出撃したりと、これまでのガンダムシリーズには見られない戦闘シーンを繰り広げた。



Vガンダムのパイロットは誰?その強さは?

Vガンダムのパイロットは?

Vガンダムのパイロットはウッソ・エヴィン。「機動戦士Vガンダム」の主人公であり、生まれついてのニュータイプ。幼少期から両親により英才教育を受けており、高い身体能力と白兵戦のセンスを有し、その潜在能力に目をつけたリガ・ミリティアにスカウトされ行動を共にする。後に敵対するカテジナ・ルースには恋心を寄せている。
また、Vガンダムの特性から同機にはマーベット・フィンガーハットをはじめとする多数のパイロットが搭乗する。

出典「https://www30.atwiki.jp/niconicomugen/pages/3809.html」

Vガンダムのパイロット、ウッソ・エヴィンの強さは?

生まれ持った才能と、両親の英才教育により、13歳の少年とは思えない身体能力の高さと、白兵戦のセンスを誇る。中でも投げナイフを習熟している。その高い能力はVガンダムの分離合体を含む性能を遺憾なく発揮し、敵機を撃墜していく。その能力の高さから「スペシャル」とも評される。



Vガンダムと量産機ガンイージ!その性能を比較!

ガンイージとは?

Vガンダム開発時のテスト機体をベースとして開発されたリガ・ミリティアの主力量産機。Vガンダムとは一部のパーツを共有する。
メインパイロットは、女性のみで構成されたシュラク隊。

出典「http://hibitekito.livedoor.biz/archives/46927319.html」

Vガンダム・ガンイージ性能比較①機体出力

同時代のモビルスーツと比較しても高い出力を誇るVガンダム。ガンイージも同一のジェネレーターを搭載しており、Vガンダム同様高い出力を誇る。また、武装もほとんどのものが共有できる。

Vガンダム・ガンイージ性能比較②分離合体機構

特徴的な分離合体機構で多彩な戦闘を得意とするVガンダム。対してガンイージは実戦での機能を重視したため、分離合体機構が廃止されているが、堅実でスタンダードな機体として仕上がっている。

Vガンダム・ガンイージ性能比較③コックピット

Vガンダムは分離合体機構搭載のため、コクピット周りも特殊な仕様になっている。対するガンイージは、オーソドックスな全天周囲モニターとリニアシートの組み合わせを採用。他機体からの乗り換えが容易など、より実戦を意識した仕様になっている。

Vガンダム・ガンイージ性能比較④総評

同一のジェネレータを搭載し互いに高い出力を誇り、パーツや武装を一部共有するVガンダムとガンイージ。Vガンダムは合体分離機構よる柔軟な戦闘を得意とする反面、操縦の習熟には訓練を要する。対してガンイージは分離合体機構を廃したものの、堅実でより実戦向きな性能を有する。互いに戦闘において有用であり、リガ・ミリティアの主力として物語の最後まで敵と渡り合う。

出典「http://gundamlog.com/archives/51640695.html」



最後に:機動戦士ガンダムVガンダムの性能・強さ・パイロットまとめ

今回はVガンダムの性能・強さ・パイロットの基本情報と、量産機ガンイージとの性能比較をご紹介しました。

これまでのガンダムは高性能のワンオフ機体というイメージが強かったですが、Vガンダムは分離合体機構を多用して、機体の一部を体当りさせる攻撃方法をとったり、予備パーツで組み上げた同機が複数搭乗したりなど、そのイメージを覆す活躍が印象に残ります。

放映当時、新しい主人公機の形を示す機体となりました。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。