マクロスプラス Movie Edition の違い!通常のOVAと比較します!

この記事は、「マクロス プラス Movie Edition」について、とことん解説しています。

とくに、通常版の「マクロス プラス」と「マクロス プラス Movie Edition」の違いを知りたい方は参考になると思います。

ちなみに、この記事で掲載している画像は、「マクロスプラス Movie Edition」だけに登場した画像を使用しています。

つまり、この記事で掲載している画像は、通常版では見ることができません。

なので、画像を見るだけでも、「マクロス プラス Movie Edition」の特別感を感じることができるかもしれません。

 

ちなみに、

『「マクロス プラス Movie Edition」って、通常版よりも追加の描写が描かれているだけでしょ!』

と思われがちかもしれませんが、それは違います。

なぜなら、「マクロス プラス Movie Edition」だけにしか描かれていない描写がある一方で、通常版だけにしか描かれていない描写もあるからです。

その点についても、この記事で解説します。

 

マクロスプラス Movie Edition」とは?

マクロスプラス movie edition 違い

「マクロス プラス」はOVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション)として発売された作品。

DVDなどの形で販売されています。

(この記事では、OVA版と表現したり、通常版と表現したりしています。)

それに対して、「マクロス プラス MOVIE EDITION(ムービー・エディション)」は映画として上映された作品です。

 

OVAとして発売された、通常版の「マクロス プラス」は1994年から4回に分割されて販売されました。

それに対して、「マクロス プラス MOVIE EDITION」は1995年に映画館で上映されました。

OVAで4分割されていたものが1つにまとめられ、一気に見ることができます。

 

ちなみに、「マクロス プラス」は2040年が時代設定の作品。

惑星エデンという星が物語の舞台ですが、物語の後半では地球での戦闘もあります。

 

「マクロスプラス Movie Edition」の違いは5つ

マクロスプラス movie edition 違い

私は、「マクロス プラス Movie Edition」と普通の「マクロス プラス」の両方を見ました。

すると、違いが分かってきたので、ここで解説したいと思います。

「マクロス プラス Movie Edition」は、普通の「マクロス プラス」と比べて、下記の5点が違います。

1.OVA版よりも少し絵がキレイ

2.OVA版よりも描写が追加されている

3.OVA版よりもエロいシーンやグロいシーンが多い

4.OVA版の開始直後のシーンが、一番最後のシーンになっている

5.メインキャラクターの2人が出会うシーンが違う

 

1.OVA版よりも少し絵がキレイ

マクロスプラス movie edition 違い

私は、OVA版(通常版)の「マクロス プラス」を見たあと、「マクロス プラス Movie Edition」を見ました。

すると、「マクロス プラス Movie Edition」の方が絵がキレイな感じがしました。

なんとなく、透き通ってるような色合いで良かったです。

 

2.OVA版よりも描写が追加されている

マクロスプラス movie edition 違い

「マクロス プラス Movie Edition」は、通常版の「マクロス プラス」よりも描写が追加されています。

ここが最大の特徴です!

作中において、主人公の「イサム」が “そばかす“ のある「ヤン」とデートするシーンも、通常版よりも追加の描写がされています。

また、作中において、戦闘機の飛行訓練シーン(YF-19とYF-21のテスト飛行シーン)も追加の描写がされています。

(テスト飛行後の戦闘機の修理シーンも追加の描写がされています。)

さらに、メインキャラクターの「ガルド」の死亡シーンも、「ガルド」がどのように死んでいったのか詳細に描かれています。

マクロスプラス movie edition 違い

また、物語の最後のシーンにも追加の描写がされています。

OVA版(通常版)では、主人公の「イサム」が敵をたおして、戦闘機に乗った状態で終わりでした。

それに対して、「マクロス プラス Movie Edition」では、敵をたおした後、「イサム」は戦闘機から降りてヒロインの「ミュン」と会話するシーンが盛り込まれています。

これにより、ラストのシーンも深みが増しています。

 

3.OVA版よりもエロいシーンやグロいシーンが多い

マクロスプラス movie edition 違い

「追加の描写が描かれている」という特徴と重複するかもしれませんが、

「マクロス プラス Movie Edition」は、通常版の「マクロス プラス」よりもエロいシーンやグロいシーンが、ちゃんと描かれています。

 

主人公の「イサム」と “そばかす“ のある「ヤン」は一緒にデートをします。

OVA版(通常版)の「マクロス プラス」では、ドライブデートの場面だけ描かれています。

しかし、「マクロス プラス Movie Edition」では、「イサム」と「ヤン」のベットシーンが追加されています。

あと、女性キャラクターの胸を強調するシーンが、通常版と比べて多かったです。

通常版では、女性キャラクターのセクシーさというか、女性としての魅力が欠けている感じがしてしまいました。

メインキャラクターである「ガルド」の死亡シーンも、通常版と映画版では違います。

通常版では「ガルド」は、戦闘機が爆発したところだけが描かれていました。

これに対して、「マクロス プラス Movie Edition」は、戦闘機が爆発するときのコックピット内の「ガルド」の様子が描かれています。

「ガルド」は内蔵が破裂し、眼球も破裂して死亡しました。

グロいですが、「ガルド」の最後の姿が詳細に分かるようになっています。

 

4.OVA版の開始直後のシーンが、一番最後のシーンになっている

マクロスプラス movie edition 違い

OVA版(通常版)では物語の開始直後のシーンとして、「イサム」・「ガルド」・「ミュン」の3人の子供時代の描写が描かれています。

ハンググライダーのような手作りの飛行機に乗って遊ぶシーンです。

このシーンが通常版では一番最初に来ているのですが、「マクロス プラス Movie Edition」では一番最後に来ています。

マクロスプラス movie edition 違い

個人的には、一番最後に描かれていた方が良かったので、「マクロス プラス Movie Edition」の方が良かったです。

時系列的には、子供時代を見せて、そのあと大人時代を見せるのが正しいです。

しかし、アニメの視聴者としては、子供時代を一瞬見せられたあと、大人時代の話に移ると、「さっき遊んでた子供たちは誰?」ってなって、混乱してしまう気がしました。

 

5.メインキャラクターの2人が出会うシーンが違う

マクロスプラス movie edition 違い

「マクロス プラス」のメインキャラクターである、「イサム」と「ガルド」。

この2人が出会うシーンが、OVA版(通常版)と「マクロス プラス Movie Edition」で違います。

「マクロス プラス」では、『次世代の2つの戦闘機を比べて優秀な方を採用しよう。それにあたり、テストパイロットとして2人採用しよう。』という大きなテーマがあります。

通常版では、「イサム」と「ガルド」はテストパイロットとして任命されるために大きな会議室に呼ばれます。

その会議室で2人は出会います。

それに対して、「マクロス プラス Movie Edition」では、「イサム」と「ガルド」はすでにテストパイロットとして任命されていて、「イサム」がテスト飛行を終えたあと、戦闘機から降りてきたところで2人は出会います。

この違いは大きいと思います。

なぜなら、この違いにより、OVA版(通常版)を見る価値が高まるからです。

 

「マクロス プラス Movie Edition」は、単にOVA版(通常版)に追加の描写を加えたものではありません。

実は、通常版は、ほんの一部ではありますが、通常版にしか見ることができないオリジナルの話となっているのです。

なので、「マクロス プラス Movie Edition」とOVA版(通常版)はパラレルワールドみたいな感覚で見ることができます。

なので、ファンであれば、両方を見ても損はしません。

 

「マクロス プラス Movie Edition」と通常版のどちらを見るべきか?

マクロスプラス movie edition 違い

「マクロス プラス Movie Edition」とOVA版(通常版)は、メインキャラクターである「イサム」と「ガルド」の出会うシーンが違います。

あと、実は、「ガルド」が「ミュン」に乱暴をした過去の事件の描写も少し違っていたりします。

こんな違いがある事もあり、「マクロス プラス Movie Edition」と通常版のどちらを見ればよいか迷うかもしれません。

ファンであれば、両方見た方がよいでしょう。

しかし、どちらか一つ選ぶとしたら、だんぜん「マクロス プラス Movie Edition」をオススメします!

マクロスプラス movie edition 違い

私は、「マクロス プラス Movie Edition」と通常版の両方を見ました。

そして、ザックリとした感想としては、通常版では描かれていない詳細な部分を加えたのが「マクロス プラス Movie Edition」だと思いました。

 

「ガルド」は、どのような無残な姿で死んでいったのか?

「イサム」は、最後に敵を倒した後、どのような行動にでたのか?

このような詳細な部分を見れるのは、「マクロス プラス Movie Edition」の方です。

 

あと、OVA版(通常版)は、話が4つに分割されているので、例えば、レンタルで見るなら4本をレンタルしないといけません。

それに対して、「マクロス プラス Movie Edition」は1つにまとまっているので、1本レンタルすれば済みます。

このような違いもあり、どちらか一つ選だけを見たいなら「マクロス プラス Movie Edition」の方をオススメします。

 

「伝説の5秒」が話題に!アニメをコマ送りにしたシーンがこちら

マクロスプラス movie edition 違い

「マクロス プラス Movie Edition」とOVA版(通常版)のどちらか一方を見るなら、だんぜん「マクロス プラス Movie Edition」とお伝えしました。

さらにダメ出しで、「マクロス プラス Movie Edition」見るべき理由をあげると、「マクロス プラス」の見どころの「伝説の5秒」というシーンに深みがましているのも理由に挙げられます。

 

「伝説の5秒」とは何か?

マクロスプラス movie edition 違い

「マクロス プラス」には、「伝説の5秒」というシーンがあります。

「伝説の5秒」とは何か?

 

それは、物語のクライマックスシーンで描かれた5秒間のシーンのことです。

「ガルド」が乗る戦闘機「YF-21」と、無人飛行の戦闘機「ゴーストX-9」は壮絶な戦闘を繰り広げて、その場面がすごすぎて伝説となっています。

「伝説」と言われるゆえんは、壮絶な戦闘だったためです。

しかし、もっと深堀りして言うと、その壮絶な戦闘シーンは通常ではあり得ない手間をかけてアニメが作成されたためです。

実際に動画を見た方が早いかもしれないので、こちらをご覧ください。↓

これは、メインキャラクターである「ガルド」が最後の死闘を繰り広げる場面です。

この場面のうち、「伝説の5秒」と言われる場面は、下記の動画の部分です。↓

(スローモーションのコマ送りで、ご覧ください。)

敵の戦闘機「ゴーストX-9」からミサイルが何発も打ち込まれます。

これに、「ガルド」が乗る戦闘機「YF-21」は回避しまくります。

この5秒間のシーンが「伝説の5秒」と呼ばれています。

 

通常、アニメは1秒間に8枚の絵が使われるようです。

しかし、このシーンは1秒間に24枚の絵が使われています。

 

5秒間だと、通常のアニメは5秒間に45枚の絵が使われるようです。

しかし、「マクロス プラス」では、なんと116枚の絵が使われています。

5秒間のために116枚もの絵を使った気合の入れようから、このシーンは「伝説の5秒」と呼ばれています。

 

ちなみに、この絵の制作にたずさわったのは板野一郎という方。

わざわざアメリカに行って戦闘機の空中戦を体験したそうで、意識喪失までするパイロットの極限状態を体験したようです。

制作者自身が、ヘタすると命を失う体験を実際にして、この体験が「伝説の5秒」という描写に生かされています。

マクロスプラス movie edition 違い

ちなみに、「伝説の5秒」のシーンは、通常版の「マクロス プラス」にも「マクロス プラス Movie Edition」にも両方あります。

ただし、「マクロス プラス Movie Edition」の方が、「伝説の5秒」に突入する前に戦闘機の不要パーツを外すシーンが加えられていたり、「伝説の5秒」の戦闘が終わったあと、「ガルド」の亡骸が宇宙をさまようシーンが描かれていたりしています。

 

まとめ

マクロスプラス movie edition 違い

いかがでしたか?

繰り返しになりますが、この記事で使った画像は、「マクロス プラス Movie Edition」でしか見ることのできない画像を載せました。

これらの画像のシーンは、OVA版(通常版)の「マクロス プラス」では見ることができません。

「マクロス プラス Movie Edition」では、OVA版(通常版)の「マクロス プラス」で見ることのできなかったシーンが多く盛り込まれています。

なので、基本的には、「マクロス プラス Movie Edition」を見た方がお得です。

 

ただし、OVA版(通常版)の「マクロス プラス」にしか見ることのできないシーンも一部あります。

例えば、主人公の「イサム」が軍事規律違反をしすぎて上司に怒られるシーンや、怒られているのにも関わらず、次世代戦闘機のテストパイロットに任命されたことが嬉しすぎて逆に喜んでしまう「イサム」のシーンなどは、OVA版(通常版)でしか見ることができません。

私のオススメとしては、基本は「マクロス プラス Movie Edition」だけを見ればよいと思います。

しかし、ファンであれば、両方見た方が違いを楽しめると思いますよ!

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。