マクロスプラスの歌を5曲紹介!主題歌・挿入歌どれもイイね!

アニメ「マクロス プラス」に登場する挿入歌を紹介します。

今回紹介する曲は5曲。

「マクロス プラス」を知らなくても気に入る曲がきっとあると思いますよ!

 

マクロスプラスの歌姫

マクロスプラス 歌姫

「マクロス プラス」には歌姫が2人います。

一人は「ミュン・ファン・ローン」、もう一人は「シャロン・アップル」です。

「ミュン」は23歳で、「マクロス プラス」ではヒロイン的存在です。

「シャロン」は人間ではなく、人工知能によって作られたバーチャルアイドルです。「初音ミク」みたな存在です。

 

ミュンの歌を歌詞で紹介

マクロスプラス ミュン

「マクロス プラス」の代表曲は、いろいろありますが、一番は「VOICES(ヴォイシズ)」だと思います。

幻想的でゆったりとした曲です。

この曲が「マクロス プラス」の主題歌といっても良いのではないでしょうか。

VOICES(ヴォイシズ)」は「マクロス プラス」のオープニング曲としても使われていますし、挿入歌としても使われています。

歌っているのは「ミュン」です。

こちらの動画で歌詞を見ながら曲を聞くことができます。
↓   ↓   ↓

ちなみに、「ミュン」の声優さんと「VOICES(ヴォイシズ)」を歌っている歌手は違います。

「ミュン」の声優さんは、深見梨加(ふかみりか)さん。

VOICES(ヴォイシズ)」を歌っている歌手は、新居昭乃(あらいあきの)さんとなっています。

 

マクロスプラス|シャロンの歌

マクロスプラス シャロン

「マクロス プラス」には「シャロン・アップル」が歌う曲がいくつか出てきます。

シャロンが歌う曲の方がキャッチーな曲が多いので、ミュンよりもシャロンの歌の方が好きな人が多いかもしれません。

シャロンは、その歌声によって人々を魅了しまくっていました。

たしかに魅力的な曲が多い気がします。

 

シャロンの曲|「INFORMATION HIGH」

「シャロン・アップル」が歌う曲はいくつかあります。

その中でも「INFORMATION HIGH(インフォメーション・ハイ)」という曲が一番人気ではないでしょうか。

YouTubeで調べてみると100万再生を超えている動画もあります。

 

シャロンの曲|「Idol Talk」

「シャロン・アップル」といえば、この曲。

シャロンのライブ会場で歌われた「Idol Talk(アイドル・トーク)」です。

「マクロス プラス」では物語の序盤から中盤のあたりで登場しました。

若者たちが集まる「シャロン・アップル」のライブ会場でお披露目されました。

 

シャロンの曲|PULSE

「マクロス プラス」のオープニング曲(?)のような位置の曲です。

この曲とともに、「マクロス プラス」のロゴがドーンと登場します。

一気に世界観に引き込まれる曲です。

 

シャロンの曲|A Sai ёn

「A Sai ёn」は「マクロス プラス」のクライマックスシーンに登場する曲。

人工知能の「シャロン・アップル」が暴走し、シャロンによって軍が支配され、マクロスが乗っ取られたシーンで流れた曲です。

世界の終わりを予感させる描写と、妖艶な雰囲気の曲がマッチしていました。

ちなみに、「A Sai ёn」の「ё」の文字はキリル文字で、ロシアで使われている文字のようです。

歌詞付きの動画で紹介します。

ちなみに、この「A Sai ёn」という曲が使われたシーンがこちらです。

曲とともに、マクロスの暴走が始まります。↓

 

まとめ

マクロスプラス シャロン ミュン

「マクロス プラス」における2人の歌姫の曲でした。

歌手は、「ミュン・ファン・ローン」と「シャロン・アップル」です。

 

ミュンが歌う曲は「VOICES(ヴォイシズ)」だけです。

これに対して、シャロンが歌う曲は複数あります。

 

個人的な感想ですが、ミュンの「VOICES(ヴォイシズ)」は眠り歌のような感じですね。

でも、ミュンが最後にこの歌を歌うことによって、主人公のイサムが目を覚まし、世界が救われました。

(シャロンの誘惑から目を覚ますことができました。)

そう意味では重要な曲でしたね。

 

シャロンが歌う曲は複数あり、人工知能で動いているだけに、どんな曲でも歌える印象がありました。

個人的には、「マクロス プラス」のオープニング曲的な存在の「PULSE」という曲が好きです。

みなさんは、どんな曲がお気に入りですか?

 

 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。