バジュラ(マクロス)は一番強い生物?アイ君も!その生態を調べてみた!

マクロスF(フロンティア)で敵として登場する
謎の宇宙生命体「バジュラ

昆虫のような見た目をしている他に
ヴァルキリーと同じ「エネルギー転換装甲」があったり、
体内でミサイルのような物体を作れたり、
フォールド断層の影響を受けないなどなど

通常の生物ではありえない特徴を持っています。

これだけでも凄く強くないですか?

実際、フロンティア船団はバジュラの襲撃に
幾度となく苦しめられてきました。

ではバジュラの強さってどのくらいなのか?

バジュラはマクロスシリーズで
1番強い生物と言われています。

なぜ、1番強い生物と言われているのか?

今回はそんな疑問を解決するべく、
謎の宇宙生物バジュラについて、
深掘りしたいと思います。



マクロスで1番強い生物は本当にバジュラ?


出典:https://cho-animedia.jp/wp/wp-content/uploads/2018/06/82de81bc2c130a5e1ab7a1fbf0598b48.jpg

バジュラがマクロスで1番強い生物と言われる理由に
あまりにも特殊な生態にあります。

その1つにバジュラはフォールド波を使った
ネットワーク生物であるところです。

バジュラの頭部には脳にあたる部分が非常に小さく、
脳ではなくお腹で感情を感じているのです。

お腹で感情を感じている理由は、
その腸内にはフォールド細菌が寄生しており、
体内のフォールドクウォーツとの働きで
群れの各個体と気持ちを共有しています。

このバジュラネットワーク
銀河規模にもかかわらず、
フォールド断層の影響を受けないので
リアルタイムで群れ全体に
意思を共有することができるのです。

よって、群れなのに
一個体のような感情を持っています。

さらに戦闘経験を積むことで
その情報がバジュラネットワークを通して
群れ全体にフィードバックされ進化し続けるのです。

人類と戦闘を重ねていくうちに反応兵器まで
無効化できるようになっています。

また、バジュラは単体としての戦闘能力も凄まじく、
機動力やパワーはヴァルキリーに匹敵するほどです。

さらに、生物でありなが体内では
ミサイルやビームのような
攻撃器官が備わっているのです。

他には体内にあるフォールドクウォーツによって、
強力なエネルギー転換装甲や
単体でフォールド断層を突破する
長距離フォールドをすることができます。

生物というよりは完全に兵器の領域ですね。



マクロスフロンティアに登場するアイ君ってバジュラの赤ちゃん?


出典:http://cough.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2015/07/12/macrossf13_7.jpg

とてもかわいらしい、
小動物のような見た目をしている
黄緑色の生物「アイくん

実はその正体はバジュラの幼体なのです。

バルキリーとドンパチやってる
バジュラとは似ても似つかないですよね。

アイくんは成長段階で言うと
幼体の中でも第一形態と呼ばれる段階です。

卵から浮かしたばかりのまさにバジュラの赤ちゃんです。

そこから中間形態、第二形態を経て
成体のバジュラに成長するのです。

テレビシリーズでのアイくんが
第二形態へ成長した時の変貌ぶりには
驚かされました。

完全に見た目は昆虫や甲殻類のようになっており、
全然かわいくありません。

しかし、劇場版でのアイくんは
違う成長を遂げています。

幼体の姿に背中から翅を生やした見た目に
変わっているのです。

これはかなりキュートです。

しかもフォールドバリアーを使えるようになっていて、
シェリルを助けるファインプレーまで見せています。



マクロスの世界を救った!ランカとバジュラの関係は?


出典:https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/W/WhoInside/20080706/20080706103018.png

作中ではバジュラと意思を通わせ、
人類とバジュラの架け橋になっているランカ。

なぜ、ランカはバジュラの気持ちが分かるのか?

それにはランカの出生が関係しています。

ランカの母親であるランシェ・メイは
第117調査船団でV型感染症と
バジュラについて研究していました。

同じ研究チームにはグレイス・オコナーと
シェリルの祖母のマオ・ノームがいます。

ランシェ・メイはランカを妊娠しているとき、
すでにV型感染症に感染していました。

無事に産まれたランカですが、
その特殊な母体で育ったために
フォールド細菌の抗体をもつ
特異体質になりました。

これによりバジュラクイーンと
同じような能力を使え、
バジュラに人類は敵ではない意思を
伝えることができたのです。

「アイモ」はバジュラが違う群れに
出会った時の求愛ソングなので、
群れの仲間ではないランカが歌うと
バジュラが寄ってきます。



最後に-マクロスで1番強い生物はバジュラ?その生態を調べてみた!-

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

実はマクロスシリーズで
プロトカルチャーが関わっていない
宇宙生命体が描かれるのは
バジュラが初めてなんですよ。

プロトカルチャーが関わっていないので、
バジュラの能力はまだ未知数な部分が多いです。

もしかしたら、
バジュラはプロトカルチャーより
古くから宇宙に生息していたかもしれません。

フォールド技術はプロトカルチャーが
バジュラを参考にして開発したものらしいですし。

バジュラの体内から採れる
フォールドクウォーツは、
これから先のマクロスシリーズの
技術的なキーアイテムになりそうです。

「マクロス ゼロ」に登場するマオ・ノームが
約50年の歳月を経てバジュラの研究をしていて、
孫のシェリルがV型感染症に感染してるなんて
細かく作り込まれていますよね。

バジュラのことを知ると、
次作のマクロスデルタが
もっと面白く見れます。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。