マクロス|ロイフォッカーを詳しく解説!声優とパインサラダも紹介

マクロスに登場する「ロイ・フォッカー」について語ります。
この記事のメイントピックは、次の3つです。

・「マクロス ゼロ」と「超時空要塞マクロス」で登場したロイの違い

・死亡フラグは「パインサラダ」って、どういうこと?

・ロイの声優は、あの有名作品にも登場した声優だった!

 

マクロス独特の専門用語は使わずに、「ロイ・フォッカー」について分かりやすく説明します。
「パインサラダ」事件については、動画つきで解説しています。

 

マクロス|ロイ・フォッカーの簡単なプロフィール

マクロスゼロ ロイフォッカー

アメリカ人。

女好きな性格。
(例えるなら、猫好きな人が全ての猫を愛しているように。ロイも地球上の全ての女を愛しているように見えます。)

 

また、仕事場では後輩に対して面倒見の良い性格です。

「マクロス ゼロ」では主人公の「工藤シン」に対して頼りになる先輩な雰囲気を出しています。

さらに、「超時空要塞マクロス」では主人公の「一条輝(いちじょうひかる)」に対して頼りになる先輩な雰囲気を出しています。

 

「ロイ・フォッカー」は、「マクロス ゼロ」と「超時空要塞マクロス」という2つの作品に登場する人物です。

マクロスシリーズは、いくつか作品がありますが、1つの作品に登場したキャラクターは、他の作品に登場しない事が多いです。

しかし、「ロイ・フォッカー」は、「マクロス ゼロ」と「超時空要塞マクロス」という2つの作品にまたがって登場します。

 

2つの作品の時代設定と、その時の「ロイ・フォッカー」の年齢は次のとおりです。

「マクロス ゼロ」
時代設定:2008年  年齢:26歳

「超時空要塞マクロス」
時代設定:2009年~ 年齢:29歳

ちなみに、身長216センチ、体重118キロ、という大柄な体格をしています。

 

「マクロス ゼロ」と「超時空要塞マクロス」のロイの違い

マクロス ロイフォッカー

「ロイ・フォッカー」は、「マクロス ゼロ」と「超時空要塞マクロス」という2つの作品に登場します。

それぞれ、26歳と29歳という年齢みたいですが、29歳の「ロイ・フォッカー」は見た目が老けてますね。

ポジティブな表現をすると大人っぽくなってると言えます。

 

また、「マクロス ゼロ」と「超時空要塞マクロス」では彼女が違います。

マクロスゼロ ロイフォッカー

「マクロス ゼロ」の時の彼女は「アリエス・ターナー」。

ただ、「アリエス・ターナー」なロイが昔好きだった人で、正確には彼女ではありません。

「マクロス ゼロ」の作中では、「恋人未満の友達」みたいな感じになってます。

「マクロス ゼロ」では2人とも26歳。

ロイは「アリエス・ターナー」のことを「先輩」と呼んでいます。

これは、かつての大学時代の先輩だったためです。

 

マクロス ロイフォッカー

一方で、「超時空要塞マクロス」の時の彼女は「クローディア・ラサール」。

ロイは戦闘機に乗るパイロット。

クローディアは本部で戦闘機パイロットたちを指揮したりオペレーターの役割をしています。

つまり、職場恋愛です。

 

「マクロス ゼロ」と「超時空要塞マクロス」での「ロイ・フォッカー」の違いは主に2つ。

見た目の違いと、想いを寄せている女性の違いです。

 

逆に「マクロス ゼロ」と「超時空要塞マクロス」の共通部分は、熱い心を持ったキャラクターという所だと思います。

 

ロイフォッカーの死亡フラグとなった「パインサラダ」

ロイフォッカー パインサラダ

パインサラダ」について説明します。

ここでは、ネタバレな内容を含みます。

 

「ロイ・フォッカー」は「マクロス ゼロ」の作中では、とても活躍していました。

戦闘機を乗り敵との空中戦いもすごかったです。

主人公と言ってもいいくらいの活躍を見せました。

マクロスゼロ ロイフォッカー

「マクロス ゼロ」の作中では、「アリエス・ターナー」に対して想いを寄せていましたが、その「アリエス・ターナー」がロイの腕の中で死んでいきます。

大事な女性が死んでしまったのです。

しかし、ロイは戦闘機パイロットとして、その後も戦争の舞台に身を置きます。

 

そして、「超時空要塞マクロス」の作中でも戦闘機パイロットとしてのロイの活躍が見れます。

ところが、「ロイ・フォッカー」は死亡してしまいます。

その死亡フラグとなったのがパインサラダ

ロイフォッカー パインサラダ

「ロイ・フォッカー」は喫茶店で恋人の「クローディア・ラサール」と軽いデートをします。

その後、戦地に向かい、敵との戦闘が原因で死亡してしまいます。

 

ここで、戦地に向かう前の喫茶店での会話が死亡フラグとなりました。

死亡フラグとなった、喫茶店でのクローディアとロイの会話がこちら。

【クローディア】
新たにパインサラダが、あたしのメニューに加わったの。
どうする?
食べてみる?
【ロイ】
当然!
勤務が終わったら寄らせてもらうよ!

このような会話をした後、ロイは戦地に向かい、重症を負います。

しかし、重症の体のまま恋人のクローディアの所へ行きます。

目的は、クローディアの作ったパインサラダを食べるためです。

 

しかし、パインサラダを食べる前にロイは力つきてしまうのです。

この時の様子が動画で見れます。こちらです。
↓   ↓   ↓

 

ロイフォッカーの最後|死亡の原因は?

ロイフォッカー 死亡

「ロイ・フォッカー」の死亡の原因について考察します。

「ロイ・フォッカー」は恋人のクローディアの目の前で死亡して、人生の最後をとげました。

その死亡の原因は何だったのでしょうか?

 

ロイフォッカー 最後

「ロイ・フォッカー」が死亡した時、背中には3箇所くらい穴があいていました。

これはロイが戦闘機に乗っていた時に、敵から攻撃されたミサイルによるものだと思います。

ただ、戦闘機のミサイルにしては穴が小さすぎます。

なので、ロイの背中の穴はミサイルの弾ではなく、金属片だと思います。

 

ロイの戦闘機は、敵によって後ろから攻撃されました。

この時、戦闘機の後ろが爆発により破損。

破損した戦闘機の金属片が爆風などの勢いでロイの背中まで到達し、この金属片が背中に突き刺さったことが原因で死亡したのだと推測できます。

 

重症を負ったロイは、「もう助からない」と思ったのか、医者に見てもらわずに恋人のクローディアの所に向かったのだと思います。

パインサラダは食べられませんでしたが、最後に恋人のクローディアに会えたのだけは良かったのではないでしょうか。

 

ロイフォッカーの声優は誰?

ロイフォッカー 声優

「ロイ・フォッカー」の声優についてですが、声優をしているのは、神谷 明(かみや あきら)さんです。

「ロイ・フォッカー」は、「マクロス ゼロ」と「超時空要塞マクロス」の2つの作品に登場しますが、両方の作品とも声優は、神谷 明(かみや あきら)さんです。

神谷 明(かみや あきら)さんは、次のようなアニメ作品とアニメキャラクターで声優を務めています。

・キン肉マン(キン肉スグル)

・北斗の拳(ケンシロウ)

・シティーハンター(冴羽りょう)

・名探偵コナン(毛利小五郎)

主役的なキャラクターの声優をしていますね!

渋い声のキャラクターを演じている印象です。

 

まとめ

マクロス ロイフォッカー

「ロイ・フォッカー」は、「マクロス ゼロ」と「超時空要塞マクロス」の2つの作品にまたがって登場するキャラクター。

そういう意味で、マクロスシリーズでは、珍しいキャラクターです。

プライベートではチャラそうな性格ですが、戦闘の舞台では頼りになる存在です。

主人公になってもいい位の存在でした。

マクロスゼロ ロイフォッカー

戦闘において飛行機に乗っている時が、とってもイキイキしていました。

女も愛していましたが、大空も愛している性格でカッコ良かったです。

「マクロス ゼロ」では、飛行機に乗っている時のヘルメットと腕に「ドクロマーク」があり、やんちゃな印象もありました。(笑)

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。